【ラーメン好き必見】フィリピンで誕生した160円で食べれるラーメン!豚牛骨の出汁で作られるフィリピンで大人気のBatchoyRamenを御紹介!

ヘロ〜〜〜〜〜!

ケン坊だゼィ!

今日も学校の仕事で書いたフィリピンラーメンの記事を大事にしたいから俺のメインブログに運んだゼィ!

フィリピンに来る予定の人は是非チェキってくれよな!

相変わらず学校の編集部として書いとるから文章メタキモだけどその辺はお愛想でよろぴく!
ほなら〜〜、バッチョイ、バッチョイ!

何処に住んでいても!どんな仕事をしていても!お金が無くても!

「週に4回はラーメンが食べたい!」

と言う貴方に、フィリピンで生まれたラーメンのような物、Batchoy(バッチョイ)専門店の記事を書いて行きます!

フィリピンで生まれたBatchoy Ramen

ラーメンって本当に美味しく、身近にあって手頃な食べ物ですよね

筆者も生粋のラーメン狂いで日本に居る時は午前中に朝昼兼用の食事としてラーメン・炒飯セットを食べ、3時のオヤツにラーメンを食べ、夜はお酒を飲み終わった後にラーメンで締めるって日が最低週に一回あります 笑笑

日本では自宅から一歩外に出るとそこら中に美味しいラーメン屋さんが有り、いつでも好きな時に美味しいラーメンを食べる事が出来ますが残念ながら海外では事情が違います

海外では何時でも何処でも美味しいラーメン屋さんがあるとは限らず、値段も凄く高かったりします( i _ i )

だけど食べたい物は食べたい!値段が高かろうが海外にいようが僕達の舌に染み付いたラーメンへの渇望を止める事は出来ません!


そんな愛すべきらーめん狂いの為に今日はフィリピン・セブ島で大人気のフィリピン生まれのラーメン、Batchoy Ramen(バッチョイラーメン )のご紹介です!

このお店を知ったならラーメン好きの貴方の長いフィリピンでの海外生活も、もう安心!ラーメンを安く美味しく食べながら過ごせますよぉ〜

1 バッチョイラーメン とは?

Batchoy(バッチョイ)とは1900年初頭、フィリピンのイロイロ市で生まれたフィリピン風ラーメンの事で、フィリピンのソウルフードの1つです。

当時イロイロ市に住んでいたスープ職人がまず最初にbats(頭の変な,いかれた,変わり者で)と名付け、後付けで「choy」という単語が付けられました


実際に飲食店として庶民向けの店が出来たのは1945年で、フィリピン・イロイロ市のラパズ・パブリックマーケットで産声を上げたとされています

特徴はポークかビーフベースの濃厚スープに豚のレバーを溶かし込み、麺は出汁が絡み易い細麺が使用されていて、その上に食べ易いサイズに仕込まれた具が見栄え良く盛られています。

(書いてるだけで思い出して食べたくなって来るなぁ〜🤤)

とっても美味しい濃厚スープなんですがコテコテ過ぎる事も無く、意外とアッサリとした味付けが特徴なんです!

各店のテーブルには醤油や胡椒が置かれてる店が多く、現地の方も醤油と胡椒の量を調節しながらそれぞれの好みの味を作り楽しんでいます!
(お店によっては出汁の仕込みに海老を足したり、レバーは溶かさずに具材として使用するお店もあります)


値段は50〜100ペソ(約100円〜200円)と大変お手頃な価格で食することが出来、比較的どこのローカルフィリピン料理屋でも食べる事が出来るので場所を気にせず食べられると言う所も魅力的です

セブ島に日本のラーメン屋さんは沢山ありますが値段が300〜500ペソ(約600〜1000円)とお高めで「ラーメン好きすぎて毎日でも食べたいよぉ〜」と言う貴方にはお財布との相談が必要になりそう😢

そんなラーメン狂いだけどお財布事情も気になる貴方、フィリピンラーメンなら毎日100円から200円で食べれますよ。
奇跡!
(日本にあれば2日に1回は行くかもなぁ〜・・・)

フィリピン国民に愛されるバッチョイラーメン 、次はその中でも筆者が特にお勧めするバッチョイラーメン専門店をご紹介します!



2 オススメのバッチョイ専門店

「 BaTCHoY HouSE328」

セブ島ではバッチョイを食べられる専門店やローカルレストランが数多くありますがその中でも今日は根強い常連客と尽きる事のない新規客で一杯になるグアダルーペに本店を構える「BaTCHOY HouSE328」をご紹介!

  • 店名:batchoyhouse328
  • 住所:13B M. Veloso St, Cebu City, 6000 M. Veloso St, Cebu City, 6000 Cebu
  • 電話番号:+63 32 517 4670(032-517-4670)
  • 営業時間:15:00〜22:00
  • 食事:ブランチ、昼食、夕食、夜食
  • 価格範囲55ペソ(約120円)〜100ペソ(約210円)
  • Wi-fi:無し

この「バッチョイハウス328」はグアダルーペの裏路地にあり、目立つ看板も出ていないため見つけやすいとは言えませんが、そんな目立たない佇まいで営業しているのにも関わらず、いつもお客さんで溢れ返ってます

(外から見える緑のテントを目印に探して下さい)



中に入ると客席も厨房も外にありローカルのフィリピン人が美味しそうにバッチョイを啜っている姿が見えます

店内の様子(この写真はセセサブさんのブログから頂きました)
https://sasacebu.com/batchoy




裏路地にあると言う事と、外で食べると言うスタイルがまたフィリピンのローカル感を感じる事が出来る1つの魅力ですし、我々日本人にとっては今は少なくなってしまった屋台のラーメン屋さんの雰囲気を思い出す事も出来、どこか懐かしい感覚を味わう事が出来るでしょう♪

実際のバッチョイはこんな感じです

濃厚なのにサッパリした味付けがお酒を呑んだ後でもツルっといける仕上がりになってますし、濃すぎない分、少し小腹が空いた時にも持ってこいの内容!

食される時は10ペソを惜しまないで是非とも卵入りを注文して食べて下さい。

スープもアク抜きがシッカリとされていて、とても綺麗な色をしています

バッチョイハウスでは牛のレギュラーバッチョイ(普通のバッチョイ;65ペソ=約130円)とスペシャルバッチョイ(卵入り;75ペソ=約160円)があります
この安さに加えバッチョイハウスでは嬉しい事に15ペソ(約30円)で替え玉が出来ます!


なんとバッチョイスペシャルを頼み、更に替え玉をしても200円程と言う悪魔的な安さ!



値段の面から見ても味の面から考えても「お昼ご飯」にも「オヤツ」にも「呑みの後の締め」にもピッタリですので財布を気にせずいつでも食する事が出来るでしょう

尚、バッチョイハウスはエスカリオ通りにもありますが個人的には本店がオススメです!

エスカリオ通りのBatchoy House


常夏の島、フィリピン・セブ島で熱〜い夜を楽しんだら最後の締めとしてローカル感を感じながらのスペシャルバッチョイ(160円)+替え玉(30円)と7_UP(30円)を食し、宿に帰るまでにバッチョイに思いを馳せながらセブンイレブンでアイス(80円)を購入してもたったの300円、奇跡!

Ah〜〜、バッチョイ、バッチョイ!


私は試した事ないですがお持ち帰りも出来るみたい(^o^)

「Calro's Batchoy

セブ島にはBatchoy House以外にも有名なバッチョイ屋さんがあります。

「Calro’s Batchoy(カルロスバッチョイ)」と言うお店ではバッチョイ以外にもカレーやランチプレートも注文できる広くて綺麗なお店です。
(綺麗だけあって値段は少し高めの設定ですがそれでもかなり安いと感じる筈なので財布の心配はないと思ってもらって大丈夫です(^。^)

  • 店名:Calro’s Batchoy
  • 住所:Cebu City, Cebu8V8R+6G セブ, Cebu
  • 電話番号:0932 887 5365
  • 営業時間:9時00分~3時00分

先程も書いた通りバッチョイ以外にランチプレートやカレーと言う別メニューも豊富に置いてあり、「バッチョイばっかり嫌だ」という友人と行く時なんかはバッチリなお店かも知れませんね!

バッチョイ以外のメニュー
カレー(かなりショッパイのが残念)




そして個人的にこのお店で1番スペシャルなメニューで非常にオススメしたいのがこのスナックバッチョイです!

ニンニクたっぷりスナックバッチョイ

スナックバッチョイは何がスペシャルかと言いますと、滅茶苦茶ニンニクが効いてるんです!


ニンニク好きの方なら全てのバッチョイの中でもダントツにこのスナックバッチョイが気にいるはずです!

 おまけ

このお店の名前は忘れてしまったのですがITパークの近くにある深夜限定で食べる事が出来るバッチョイ屋さんで値段が驚きなんです

なんとバッチョイ一杯20ペソ!

味も中々美味しいのになぜこんなに安いのかは謎💦

場所は非常に判りにくいのですがUCNA Villageにあります

まとめ

今日はフィリピンで生活を始めたばかりの人やこれから生活する予定のラーメン好きの人に向けて書いてきました

日本のラーメンは最強ですが、類似品でも良いからラーメンっぽい物が食べたいと言う方には今日書かせて頂いたバッチョイが救世主になる確率は非常に高いと推測いたします!

まだまだ筆者が行った事がない、調べきれていないバッチョイのお店は沢山あるでしょうが、自分の感想と数々の情報を照らし合わせて見てもバッチョイに限ってはまずは「Batchoy HouSE328」で間違いないと思われます!

一度バッチョイを食べてズッポリとハマってしまったらセブにあるバッチョイのお店を制覇するのも良いかもしれませんね (^∇^)。

でもやっぱり個人的には「Bstchoy HouSE328」が一番オススメだなぁ〜

ラーメン好きの皆さんが少しでもラーメンから離れなくて良いようにとの思いこのブログを書かせて頂きました


さて、ラーメン狂いの皆さん、フィリピン・セブに来たら是非共バッチョイライフ を楽しんでみて下さいね!

フィリピン・マニラ にある美味しいコーヒー屋さんに興味がある方はこちらの記事をどうぞ!

https://atguriwith.com/2020/05/20/【コーヒー好き必見】常夏のセブ島で世界最高級/

投稿者: アグリとケンちゃんの二人旅(世界)!!!

旅好きなアラフォー二人が始めた世界を巡る旅。 ブログの事も世界の事もまだ全く分かりませんが精進しまっす(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。