動物に餌をあげる人

おいっす、ケン坊です!

俺が今、住まわせてもらってるアグの実家の近所にはノラ猫がたくさんおる。
(しかもマルマルと肥えた奴ら・・・。)


俺は動物嫌いではない。好きでもないけど・・・・
マルマルと肥えた猫が沢山いるのには理由がある。


餌を与える住人がいるからだ。

路地を注視してみると、至る所にチクワやら何やら食い物が餌として置かれてある

あまりにも至るところにランダムに置かれているから餌をあげる人が何人かいるのかな?と思ったんだけど、置かれてる餌の種類が明らかに一緒なのだ。

チクワの日は至る所にチクワが、缶詰の時は缶詰が。

酷いのは猫が喰い終わった缶とかが何日も置きっ放しになってるということ

俺は思う
「この世を生きるのは確かに辛い事が多い。寂しい気持ちになるのもわかる。寂しい時に可愛らしい動物は心を癒してくれる。」

でもな、

「可愛いなぁ💕」と癒されるおいしい所だけは楽しんで、「後は誰かやるやろ」的な考えで片付けをしないお前は自分勝手な雑魚い寂しがり屋のクソ甘えん坊ゴミ野郎だ!


寂しい、悲しいで動物に食い物チラつかせて寄って来させて寂しさを紛らわす。
野良も餌をもらえて腹膨らむ。

おのれらはWIN-WINでえ〜やろ。

そんで?
ゴミは何で片付けへんねん!?

お前が片付けなかったら誰がやるねん!

フンもあちこちにするようになるし、近所でサカられたら夜はうるさいし!

やっすい缶詰を野良の目の前にチラつかせて、自己満足な安らぎを得て、満足したらゴミだけは置いて行く。
周りの迷惑をかえりみない。

そんなんやからアンタの人生、寂しい事になってるんとちゃうんか!?





そして俺は、ついに”餌やりの犯人”を見つけた。

犯人は近所のオッサンやった。

俺はタバコを吸いながら隠れてオッサンの動向をチェックするようになった。(オッサンがオッサンを監視。俺もまぁまぁ危ないな・・・・)



オッサン、近所の至る所に餌をバラまいて猫をあつめまくってる!

何で自分の家の前だけでやらへんねやろ?

自分の家の前に餌を撒き散らかしてやってるだけならまだ分かる!って言うか俺も気にならんかったかもしれん!っちゅ〜もんやけど、わざわざ他人の家の前に餌を置いて片付けないっちゅ〜のはどんな脳味噌しとるんやろ!?

俺は今度あのオッサンが餌をやりよったら言ってやろうかと思っている。

プンスカプンのプンや!💢

また、光が見え始めた!

道が・・・、開けてきた。
開けてきたゾォ〜い!

猛勉強の末、昨日できなかった・わからなかった幾つかの事を理解できた。

ドンドン増えていく参考書



今、俺は自分のPCの中でプログラミングできる環境と仮のサーバーを構築し、HTMLの基礎、PHPの基礎、画像を貼り付ける方法、ハイパーリンクを貼り付ける方法を習得した。


昨日からさっきまで苦しかったけど、考えればたったの二日でプログラミングの玄関に「お邪魔しま〜す!」完了や!

自分の作ったページへ人を導くプログラムを書けるようになった。

38歳のオッサンが昨日までは出来なかったこと・分からなかった事だ

後は、理解できた内容(土台)に積んでゆくのみ!
実戦でphp言語を駆使し、作ったサイトを複雑に強化していく作業・・・

これを一ヶ月もやれば、その頃には次に何言語を学べば良いか見えてくるし、勉強と並行しながら少しくらいの業務もこなせるようになるだろう

早くも一ヶ月後にはエンジニア・プログラマの新兵になる訳だ。

全くの素人だった俺が、今はPCの動く仕組みがわかり、PCに疎い人が分からない事を説明できる。


一年半前には特殊なスキルを何も持ってなかった男が一ヶ月後にはITのスキルが少しあり、オマケに少し英語が話せる男になる。

この時点で恐らく探せばおもろい仕事が見つかる。
(英語もプログラミングもまだまだ詰めまくるけどね!)

いやぁ〜、やっぱり楽しいぞ。この世界は!

PCは間違わないし、嘘もつかない。
ミスもしない

シクるのは人間のみ。
間違うのはいつも、PCを操る人間の方だ。

俺のレベルが上がれば上がるほど、人に・世の中に・企業に必要とされる。

生活していく金が入る。

そうなれば仕事は仕事と割り切ってカタカタやりながら俺のやりたい事を思う存分やれる

38歳からでも全然遅くないぞよ!
(もっと早くからやってればよかったけど)


45歳からでもいける!
50歳からでも何とかいける!
60歳超えてもいけるけど、それなりにプログラミング出来るようになった頃にお迎えが来るかもね!



今日もまだまだ勉強を辞めないぜ!
俺はまた、燃えている。



銭湯での瞑想タイムまでまだ3時間ある・・・。
積みまくるどぉ〜〜〜!

ずっと座りっぱでやっとるからまたお腹がポッコリなってきた。


深夜飯を辞めねば・・・・・。


終わり!




自分の無能に打ちのめされる日々。

おっす、ケン坊なり・・・・

今はちょっと凹んでる。

世の中にある物・出来事・知識、全てにおいて言える事だけど自分の物にしようとすると勉強しないといけない・・・

ハードルの高さは何を学ぶかによって変わってくるが、努力をしないと手に入らないって事は確かや・・・

英語の勉強を始めた時、右も左も分からなくて毎日基礎の文法を必死こいて少しずつ理解し、単語も少しずつ覚えていった。

その道のりは、険しく辛かった。

しかし、辛い勉強を一ヶ月続けた結果、最初はボヤけていた視界も開け出し、自分の足でシッカリと英語学習の道・階段を登っている感覚を手にすることができた。

カメラの勉強も、初めて一眼レフに触れた時は何も分からなかったけど、「自分好みの写真を撮りたい」という気持ちから勉強がはかどり、現在では何も考えずにカメラの設定が行えるようになった。

三線の練習も同じく・・・・

大人になるまで勉強嫌いの俺だったけど大人になって勉強の楽しさを知る事が出来た。
苦労して手に入れた技や知識が人生を豊かにしてくれる事を学んだ。

何でも挑戦だ。
面倒臭がっていても新しい知識は手に入らないし、自分が見ている景色も変わらない。

俺は英語を必死で勉強して日常会話が出来るようになり、外国人の友達も沢山出来たじゃないか。

人に褒めてもらえる写真も撮れるようになり、聞き入ってもらえる三線演奏も出来るようになったじゃないか。

やればやれん事など無い!

新しく足を踏み入れたITの世界、プログラミング、エンジニアという仕事。



あれだけ英語を勉強できた俺が出来ない筈がない!
素人やけどやったろうじゃないか!



そんな思いでITの勉強を始めた。



しかし・・・・



このハードルは中々に高い・・・・




人間は10進法でPCは2進法(基本)、オペレーティングシステム、ハードディスクは磁気、DVDとCDは凹凸、SSD・USBメモリは電荷、BITとは?、イオン電子が流れるデジタル、演算装置、カーネルメモリ、論理演算、BTOパソコン・・・。

津波の様に押し寄せる聞いた事のない新しい言葉達・・・。

勘と度胸だけでやってきた俺を全て否定するかの様に立ちはだかる論理的思考力の必要性・・・。





PC知識を舐めていたわけでは無い・・・

プログラミング言語の勉強を始める前にわかっておかないいけない事を認識するために買った「プログラミング入門講座」という太い本。
二日で終わらせた・・・・・。

休みもせずに2冊目購入。

今月の17日から実際に会社で勉強しながらこなさないといけない案件に使うプログラミング言語”PHP”の参考書。

PHPの勉強を始めて約8時間。
俺は気づいた。

この本は俺にはまだ早すぎる💦




この本を勉強する前にもう2冊、先に終わらせないといけない教科書がある・・・・

①そもそものPCの基本的な仕組みと最低限の専門用語をシッカリと頭に叩き込む為の本。

②先に買ったPHPの教科書よりも更に優しいPHPの教科書。

③おまけでいうと並行して勉強した方が良いHTMLとCSSの本。

昨日から始めたPHPの勉強。

勉強疲れ➕眠気のせいで昨日は勉強に集中できなかったから、今朝は7時にアラームを合わせて起床。
脳みそを働かせる為に少し散歩後、勉強を開始

現在は12時半。

理解出来ない上に例文や説明文がドンドン難しくなっていく・・・・。

このまま勉強を続けてもマイナスだ。

PHPを勉強をする上で足りない知識を先に埋めるため、新しい教科書がいる。

地元の本屋には売ってなかったから、今から電車に乗ってでかい本屋に物色(ぶっしょく)しに行くとする。

あ〜〜〜〜〜〜〜、しんどいヨォ〜〜〜〜。

でもやるしかね・・・

俺は・・・、諦めねぇ・・・・。



勉強しんどい、ITむずい、38歳、凹む・・・。

こんちわ〜ケン坊です〜

あ〜〜〜〜〜〜、勉強しんど💦

もう、今日の昼飯は須磨の王将で冷麺じゃぁ



8分で完食



そっから久しぶりの須磨のカフェへ!
ここは雰囲気も良いし、立地も良いしオススメだよ

「ボナルーカフェ」






今日もね、書いていきますよ〜〜
今日は本の紹介しよかな・・・・。

その前に、みんな人生しんどくないですか?


多分ね、「そこそこ楽しい」みたいな人はチョコチョコおるやろけど、「満足できてないよ〜」って人が80%以上じゃねかね?


残念ながら人生って自分が動かないと面白くならないんだよなぁ〜、多分。

宝クジが当たった〜!とかないじゃん?
38年生きてきて「大金を拾った!」って俺の記録が7万円くらい。

そんな金額も拾わないまま一生を終える人も多いと思う・・・。

幸せは勝手には歩いてこない。

自分にとって嬉しい事とか楽しい事って殆どの場合は向こうから勝手にやってきてはくれないのね。
(不幸や辛い事は勝手にやってくるのに。)

そんなバランスなのよ。生きてくって事は。

俺もね好きな事しかやらないように努力してるけどキツイ時もある。

しんどい事も人並みにあると思うよ。
でもね、「あ〜しんど」って立ち止まって何とかなった事がないんだわ

しんどくても楽しい事を必死に探して、必死に楽しもうともがいてる感じ。

そんで楽しい事をやっと見つけても、新しく見つけた事だから当然俺は初心者な訳よ。

え〜歳したオッサンが何かを始めるって結構きつかったり恥ずかしかったりって事もある

その山を何とか乗り越えたらやっと楽しくなってくる。

楽しくなってこれたら成長する速度が速くなる。
成長したら自分の人生が少し変わる

この繰り返しをする事でしか人生は楽しくならないんだよ、きっと。

俺はプロミュージシャンに挑戦し、飲食店オーナーに挑戦し、自分の納得のいくまでやって、辞めた。

そして今、English Speakerを目指し、ITエンジニアを目指し、一風変わった三線唄者・写真家を目指している。

挑戦は修行!
自分との戦い。

勝てば自分の人生が少し楽しくなる。

勝つコツはコツコツ。

勉強につまづいても勝つまで何回も教科書の同じ所をやる

同じ単語勉強・文法勉強を繰り返す。
コツコツと・・・
勝つまで・・・・

そうこうしてると一年があっという間に終わる

でも勉強や努力をしなくても一年はあっという間に終わる
結果、自分のスキルの違いが出る。
やった分だけ人生が充実する。

そして最近はいつも思う。

「あ〜〜〜、人生の時間が足りない。もっと若いうちからやっときゃ良かった!人生は短く、儚いなぁ。」

頑張ってる時にこれ思えるって事は人生を楽しめてるって事だ

もっともっと勉強したくなってるって事だからね。

もちろん常にこのテンションを保ててる訳はない
キツイ時もある。
努力が実らないと感じてしまう時も多い

正直、昨日の夜から今にかけて勉強してるITのパート、つまづきまくって全然理解できない。

苦しい。

同じ文章を50ページくらい4回読み返して、Webサイトで試してるんだけど上手くいかない。

「俺、才能ないんかな?」
「やっぱりITって数学できないとダメなのかな?」

今この瞬間、そんなことをおもっくそ感じとる。

でも、やることは決まっている。
理解できるまで(勝つまで)何度も同じ所を勉強するだけ

「くそ、きつい!自分に負けそうだ。」
俺はそんな時、力の出る本の力を借りる。

そんな自分がきつい時に力を貸してくれる本を3冊紹介する
(俺は本読むの結構好きだからオススメできる本がいっぱいありすぎるんだけどパッと思いついて誰が読んでも「まぁ勇気でるんじゃね!?」って3冊にした)


留魂録  for 熱い人生に切り替えたい人向け!

明治の鬼才、天才 吉田松陰先生の考え方だ。
勉強は何歳からでもできるし、「恥だ何だと気にしてるうちに人生終わっちまうぞ!」って良い感じの脅しをくれる



道をひらく for 努力が出来ない・答えを焦っちゃう人向け


松下電器(パナソニック)作った幸之助先生の本

読んでるだけで心が落ち着いてきて、静かな闘志が湧いてくる本




自分の中に毒を持て for 自分の性格に嫌気が指してる人にオススメ



自分らしく生きる為にしないといけない事は、自分を完全否定する所から始まるのかもしれない。

この本は現代の日本において日本人のIT認識を根底から変えようとしている麒麟児、”マコなり社長”がオススメしていたので読んでみた。

か〜なり良かったよ。
その辺の優しい本に比べて、表現が黒くてストレート。

彼の言葉使いのまま書かれていて、読み応えもあるし、新しい角度から「人生」という物を見る方法もシッカリと理解できる本。



そろそろ飽きてきた携帯ゲームがあるなら1、2個削除して代わりに3冊のうちどれかを読んでみたらいかが!?

お互いに楽しい人生を生きまっしょい!🥶

終わり!





ITは世界のインフラだけではなく俺自身の人生のインフラも整えてくれる!?

おいっす、ケン坊だっす!

早くも2冊目突入。

1冊目を爆速かつ、丁寧に調べながら勉強終了。

う〜ん、まだそんなに難しいところまでまだ行ってないと思うんだけど、結構つまってるよん💦

とりあえず現在この世界の殆どのインフラはITによって制御されている!って事とPCの原理、パーソナルPCとサーバーの関係などがハッキリとわかったって所

PCの計算や繰り返してやってくれる作業効率は最強で人間様がバカでなく、キッチリとプログラミングすればPCが間違える事はない

プログラマーってのは正確かつ適材適所にコードを打ち込みPCが働きやすいプログラムをなるべく少ないコードで命令するって事が出来る人の事

いろんな事をプログラミング出来て、システム化させる能力が手に入れば自分の夢も広がるし友達の仕事も凄く高いレベルで手伝える。

うん、勉強しがいがあるわ。

プログラミングの事を幾ら書き並べた所で興味ない人には退屈なだけって事は俺もよく知ってるから、このITの勉強へ向かう姿勢と難しさについて書いてこ〜


昨日も書いたけど、勉強は修行みたいなもんだね。

寺に出家した坊さんのような境地で勉強してるよ。
寝てる時以外はプログラミングの事を考えてる。
食ってる時もカメラを触ってる時でも考えるようになった。

坊さんと違うのは美味い飯も食えれば睡眠もしっかりと摂れる

飯はすぐに終わらして勉強に戻りたいから相変わらずの麺物と胃に優しい雑炊とかアグに作ってもらってる


寺の廊下の掃除だなんだする代わりに頭の掃除と論理的思考って考え方を鍛える作業だな。

しかも修行の成果次第では莫大なお金が稼げて自由な時間を自分の手で手に入れる事ができる

つまり、修行が終わって一人前の坊さんになる事が出来たら俗人よりも俗っぽく生きる道が開けるという事だ。
(罪な商売だよ・・・。)

悟りも開きたいけどジムニーで日本を回る経験の方が欲しいし、お経を覚えるよりもお金と時間を生み出してくれるプログラミング言語を覚えたい・・・ってのが正直な所だな。(俺はやっぱり汚い人間なのかもしれない。)



そんな感じで現在は起きてから寝るまで飯食ってる時以外は勉強。
夜は大好きな銭湯に行ってサウナで瞑想。
良質な睡眠を取る・・・この繰り返しの毎日だ。


驚く事にこの生活が楽しい。
英語の勉強を始めてから気づいたんだけど、俺は修行好きなのかもしれない。

「これだけやってれば良いよ」って言われたら結構集中できるタチだって事に30代後半で気付いた。



また、英語の話するならプログラミングの公用語は英語だ。

こんな形でこの前まで勉強してた英語が効いてくるとも思わなかった。

なんせ勉強、勉強、また勉強だ!

現在PM6:50。
21時まで勉強して銭湯行って飯かな。

昨日は勉強に集中しすぎて酒も飲まなかった。

今日はちょっと呑みたいなぁ

どこが修行やねん!ってお叱りを受けそうな所で、お後がよろしいようで、

それでは失礼!



ITの勉強道は仏の道か!?38歳、修行僧になる!

おはよう!

皆、インスタの「#ふうちゃんカフェ」って知ってる?

インスタで検索したら出てくるんだけどアグがだだハマりしている。

超可愛らしい女の子が「ほっかむり」をしてコーヒーを作ってるのをお母様が周期的に載せているんだけど無茶苦茶癒されるらしい。

「ふうちゃんに会いたい〜!」って毎日言うてるアグ・・・。

俺も見たけど確かに可愛らしい。

が、それよりも俺が気になったのはふうちゃんを撮影している母親のセンスの良さだ。

こった食器、キッチン、カメラはバケペン、車はジムニー、お洒落な宿を経営しながらふうちゃんを育てている。

今、俺が欲しいものを沢山持っているお母様。
羨まし!





はい!
ってな訳でねぇ、今日も書いていきますけども。

昨日からITの勉強を本格的に始めたよ。


ふっとい参考書も買ってきてね、その本で紹介されてた基本の基本を無料でゲーム感覚で学べる世界的にも有名なサイトで勉強中。
(ついにザッカーバーグが俺にコーチングしてくれてるよ)


「Hour of Code」で調べたら誰でも無料で学べるサイトが出てくるから興味ある人はチェック。


感想はね、かなり面白そうよ。
「俺、この世界あってるかも。」とも思えてる。

まだまだ始まったばっかだから分からんけど「楽しい」と感じたら集中しまくれるタチだから今日もブログを書き終わったらイソイソと勉強するでぇ〜。


ほんと、飲食店しかしてこなかった俺としては、英語にしてもITにしても「こんなに需要がある世界があったんだなぁ」「喰わず嫌いせんともっと早くに始めればよかった」と思わずにはおれん・・・


ここからは修行だ。

俺は出家したが如く、プログラミングの悟りを開くまで勉強すると決めた。

つまづき、傷つき、自分の無能さに絶望する時もあるんやろなぁ


その時に心が折れない覚悟を今から準備して挑まなきゃな

今、アルゴリズムやら「繰り返し操作の概念の大事さ」を体に染み込ませていってるところ

論理的思考力ってやつを養わんといかんからな
(何じゃそりゃ?🤔)

修行僧のように風呂屋のサウナで座禅を組んで毎日その日に勉強したことを復習!
ついでに常連のオッチャンとのサウナ対決も全て制して帰る。
最近はよく寝れるんだ、これが。


さぁ、ITリテラシーを高め、新時代の行進軍の仲間入りをする為、今日もラップトップからインターネットという大海原へ漕ぎ出そう。

そして職場通いなし、時間に縛られる仕事よさようなら!

目指すは「古民家一人暮らし」さん!

終わり

まだまだ特別でも何でもね〜よ!!!

おっす、ケン坊です!

昔からそうだがオレは何故か人によく羨ましがられる。
そして変人扱いもされる・・・。

「ケンちゃんは凄い。」
「行動力がハンパない」
「なんでそんなに新しいことに挑戦できるん?」
「失敗が怖くないんですか?」
「自信に満ち溢れている」

こんな事を言われ続けて38歳になった。

今日の記事でこの問いに答えたいと思う

まず、オレは人の人生に極力口を出さないようにしてるし、興味もない。

誰がどんな”ものさし”を持っているか?

誰々がどんな事に長けていて、どんな事を不得手としているか?

生きているとそういった事が自然に見える時もあるがそれをいちいち気に留めるなんて事はない。

人は人でオレはオレ。オレはオレの生き方を模索するのに必死だ。

そもそも人の事を気にしている余裕もないし、人の思想も人の意見もその時々によって変わる事を知っている。

そんな”他人の動向”を指標として自分の道を決めた所で面白みもなければ自分が目指す成功に近づくとも思えないからだ。

人はよく人を褒める。
「イチローは凄い!彼だけは本当に特別。」

「ホリエモンとかってお金を稼げる案が自然と沸き上がってくるんだろうね。あんな人にはなりたくないけど」

「〇〇ってマジで格好良い(可愛い)。」

などなど、芸能人や著名人を褒めまくる人がいっぱいいるけど、オレはいつも不思議に思う。

「何故、自分がそうなろうとしないのか?」

オレは誰か格好良い人を見つけると
「オレもそうなりたい。どうやればそうなれるだろう?」
と考える。

そしてクソでも何でも浮かんだアイデアを速攻で試してみる。
最初、そんな不純とも言える動機で新しい事に手を出し、手を出した後にその物事の本当の魅力に気付き、のめり込んで行く。

すっかりのめり込んで、自分の技になり始める頃には最初の動機になった人物のことなど忘れているし、全然違う方向に走ってたりする。

その繰り返しだ。
三日坊主の事もあるし、何年も続けているのに人に評価されない物も沢山ある。

でも数ある「オレがやっている事」の中の幾つかだけが人に評価されていて羨ましがられている。

オレは只々自分の人生を謳歌したい。

生き生きしていたいし、ドキドキしたい。
新鮮さを感じたい。
少年のようでありたい。

新しい事への挑戦も知識を放り込む作業も全ては自分の人生を豊かにしたいからやっている事で楽しい事ばかりだ。

それらをやる上で意味のない言い訳はいらない。

大人は勝手に始めて、勝手に楽しみ、勝手に辞める事ができる。


また、「自分は何の為に生きているのか?」に対してだが、
「人が生まれてから死ぬまで生きる。その事に意味なんて無い。」
只の生物なんだから。

恐竜のように滅びる時は滅びる。
ゴキブリのように生き延びるならば自分達の意思など関係なく生き残るだろう

只それだけの生き物なのに、
「道徳心」

この言葉に縛られすぎだ。
せっかく楽しんでも良い人生が目の前にあるのに手を出さない。
もっと欲を出すべきだし、自分のことを可愛がるべきとオレは思う。

他人との温度差に気を使い、必要以上に目立つ事を下世話な事とし、厳かに慎ましくクールに生きる。人を傷つけてまで自分の欲しいものに手を出す生き方はしない。

それも人の自由だ。

が、オレは手を出す!
その結果、誰かを悲しませる事になろうとも俄然、手を出す。

人を傷つけない事など出来ない。
傷つけないように気を使って生きていても知らず知らずに人を傷つけてしまう。


俺たちはそういう生き物なんだ。
全然、
全く、
俺たちは上等な生き物では無い。


他人をいっさい傷付けない事は出来ないから大事なのは傷付けてしまった事を忘れずに、傷付けてしまった人に何らかのお返しをする事をシッカリと実行することなんじゃないか、オレはそう考えている。

自分が思うお返しも相手が気にいるか、許してくれるかは分からない。
「とり敢えずお返しはしたから。」って自分に言い聞かせる事が出来る様に実行するだけでい〜んじゃね?
所詮そのくらいしか出来ない生き物だべ。

オレはそんな温度で生きている。

オレの事を羨ましがっている人たちに何か一つだけ言うとしたら、
「まずはオレもお前も人間なんてものは全員がしょうもなく、未熟な生き物だと認めようぜ!」と言う。

人間は自分が特別だと思いたい生き物。
それは仕方ない。

でも自由にやりたい事だけをやって生きていきたいならまずは、その考えを改めるべきだ。

オレも貴方も特別ではない。

特別でありたい気持ちは重々理解できるけど、残念ながらまだ全然特別じゃないんだ!

特別になりたいなら特別になる為の動き・生き方をしないといけない。

まずは、
「変わった事をすると恥をかくかもしれない。だから何もしない。」

このクソしょうもない状態を極力減らす事、当たり前と言われる退屈な生き方から脱却する事が一番大事だ。

そこから脱却するには「自分はしょうもない人間だ」と認める所がスタートであり、嬉しい事にそこが既にゴールでもある。

逆に言えばそれが出来たら何でもできる。

実際オレがそうだ。
どっちみちクソなオレが何処で何をしようとも誰も気になどしないし、オレみたいに何の才能もないクソ退屈人間が普通に生きたとて普通に死んで行くだけだ。

わかりきっている答え。
”1+1=2”くらい明快な答えだ。


ロクに才能もないのにスリリングな生き方をしたいなら普通とは違う場所に身を置く意識を持たないといけん!

いつ頃そんな事を思ったのかは忘れたけど(多分高校生の時)そう思ってからやりたい事は何でもやるようになった。

何でもなんどもやりたい事を始め、挫折も成功も自分の中で繰り返し、その結果が答えとして心に残る。

三日坊主も上等!(三日坊主も喜んで受け入れよう。)

いつの間にか目標を立てる時、自分の心に残った”答え達”としか会話しなくなる。

最初は見えなかった”自分の在り方・生き方・好きな物”が明確な形になってくる

その形を周りの意見によって変えないのがプライドになっていったし自分が人生を楽しく生き抜く為の”自分だけの人生謳歌説明書”になっていった。


プライドとは人の目を気にして語るものではなく、カスな自分を認めた上で全力でやりたい事に命がけで向かう時、使う言葉だと分かった。


オレはまだまだ”特別な何者か”にはなれていないが人生は充分に楽しめている。

綺麗なものはつまらない。
美しいものもつまらない。

誰かが試行錯誤を重ね、苦しみに苦しんで生み出した意味の分からないグッチャグチャな物がオレの心を踊らせる。

オレもどうせ作るならそんな見応えのある物、感じ応えが在るものを生み出したい。

だから毎日毎日、今日、このブログを書いてる瞬間もグッチャグチャなモノをガタガタに積み上げ、「汚いけどオレらしい人生」という作品・オブジェを作り続けている。

って訳で今日はオレを羨ましがる人に向けたオレなりのANSERを記事にした。

面白くなかったかもしれんが、貴方のそんな感想には全く興味ない!

終わり!

38歳、IT企業面接、パンパカパ〜ん⚓️

おは〜、ケン坊っす!

今日は暑さがちとマシだにゃ〜。
昨日はムシムシしてて最悪な気候の中、大阪までITの面接に行ってきた



マジ、汗だく。マジおっさん臭。
コロナの網をかいくぐり、行ってきました大阪は四ツ橋。



そして・・・・・


面接合格したよ〜ん!!!


パンパカパンの、パ〜〜〜〜〜〜ん!
ギャハハハハハハハハハハハハハハハハ!

連勝記録、更新!

オレは人生で会社の正規雇用面接は3回、バイトはアホ程いろんな種類のバイトをしてきた


そして・・・面接で落とされた事は一度もないのだ。
へっへっへっへ、すげぇ〜だろ!?


オレは面接で絶対に言う事を三つだけ決めている。


①「どうすれば受かりますか。その条件を全てやります。」

②「この仕事がどうしてもしたいので、次の募集でもその次の募集でも受かるまで面接に来るつもりです。出来れば今回で決めて頂けたら助かります  笑笑」

③「今日、この後から働けます。」



そして今回も①、②、③のコンビネーションが見事に相手社長のアゴを粉砕、撃沈、阿鼻叫喚!
KO(合格)!!!

(まずは戦場に入れないと何も出来ない。ハッキリ言って入ってしまえばこっちのもんだ。「しのごの」は入社してから考えれば良いのだ!言ったもん勝ちだぜ、世の中は!)


今回の会社はバリバリのIT企業で社員は10数人、バイトは30人。
平均年齢20代後半ってところ

38歳のプログラミング未経験の男がそこに入る。
いやぁ〜、危ない匂いしかせん  笑笑

このビルの6、7階がオレの新しい職場!




社長は31歳でかなり人が良さそう
自分の技術力でいつでも稼げる自信からか、31歳とは思えない落ち着き、心の広さ、気前の良さ・・・・



社長が面接でオレに言った事。
「プログラミングは勉強が仕事です。勉強して技術をつけないと一切仕事が出来ません。大工さんや割烹の職人さんと同じです。年齢も関係ありません。出来る人が正義の世界です。生きていけるだけのお給料は会社から支給させて頂きますので最初の3ヶ月は何も気にせずにひたすら勉強してくださいね。教材に掛かったお金も領収書を頂ければ全部会社が負担します。」


だって・・・


ITって金を払って習いに行くか、独学で死ぬ程やるのが当たり前なのにこの会社は講師をつけてくれて勉強をさせくれて、お給料までくれる。


しかも会社のオフィスには謎にBARカウンターがあり冷蔵庫には缶ビールやらチューハイやらが入っていて、全部会社の奢り。
いつでも呑んで良いらしい。

カウンターの横にはダーツと大型テレビ、プレステ4まで置いてある

オフィスの自分のデスクには一個13万円のイスが置いてあって最強の座り心地

毎週木曜日は会社の奢りで飲み会が開かれる。
(もちろん、自由参加。)

全ては社員のやる気を出させる為らしい・・・・・


なんじゃ、この世界はぁ〜〜〜

やる気しかでん!
ITしか勝たん!
大阪遠すぎて草!

好条件現る!
頑張ります!
欲しがりません勝つまでは!
おくれよ、おくれよ、兵隊さん!
貴様とオレは同期の桜!
海軍カレー、ばんざ〜い!ばんざ〜い!

ってな訳でよ、勉強するしかないのよ、これから。
勉強、勉強、また勉強!べんきょうの・・・虫!

英語の勉強とITの勉強。
二足のワラジはキツそうだ。
当分はITの方に力を入れて取り敢えずは会社の戦力にならないといけないな。

でも死に物狂いで勉強してる先輩は全くの素人の状態から3ヶ月で給料が30万を超えているらしい。


出来高だから勉強にも気合が入る。
積んで積んで積みまくるだけ

そして数年後、フリーランスになれれば・・・・

いよいよ何も気にせず海外に移住も出来るし、日本中どこでも旅行が出来る〜〜〜〜!!!

こりゃ、やるっきゃね〜〜〜〜。

しかもオレは、写真を撮ることもブログを書く事も動画を挙げる事も三線も英語の勉強も、

辞める気は一切ない!!!

オレからすればITは新しい遊びだ!
他のやってる事も好きでやってる事。
好きなものを辞める気は一切ない。

ITが落ち着いて金になり出せば、三線でLIVEも出たいし、写真の個展も開きたい。
動画やブログのファンの人達とオフ会みたいなんもやりたいし外国人の友達も欲しい。
(昨日、面接帰りのBARでまた一人アメリカ人と出会った。彼のBARにも今度行って英語を話しまくろう!)

アグとジムニーを買ってアウトドアキャンプも始めたいしそれを動画にもあげていきたい!

年齢は38歳。
まだまだ遊べるゼィ!

オレは自分の遊びを誰かと共有もしたいから、もっとオレがビッグになれたら皆んなも誘うから一緒に遊ぼうな!

そんな感じで今日は甥っ子が学校から帰ってきたら桃鉄の15年の勝負の続きをやらないといけないからそれまでITの勉強でもするわ!

ギャハハ、PHPってなんじゃ?新手のピッチでも発売されたんけ?

Java?あの紅茶、ゴリ不味やろ!?

ん?そりゃ、Pythonくらい知っとるがなぁ〜〜。毒蛇のこっちゃろぉ〜〜〜?

ククク、なんとかなりそうやな!

じゃ、またな

終わり

ITの面接の前でもお前達を忘れないぜ!

おいっす、ケン坊です!

うおぉ〜〜〜!
今日は面接だゼィ!

ITのベンチャーに潜り込み、田舎暮らしに外国暮らしと好きなように暴れ回る為、まずはプログラミングを勉強・極めないといけない


受かるか知らんけど、なんか会計の子の反応では内定っぽい感じがする(勘違い?)

まぁなんにせよ18時に大阪だ。

初めて行く会社だし降りた事のない駅って事もあって16時には家を出るつもり。

って事は後、10分でブログを書き終わらないといけない!
焦る、焦る、焦るンバ♬

頭にワックス塗りたぐらなアホ毛供が願い叶え終わったドラゴンボール並みに飛び散っとる!

しかしブログも完成させなければ!
オレがパソコンを使っていて唯一出来るブラインドゥタッチが唸りを上げる!

そ〜れ、書き書き書き書き書き書き書き!

ん?
内容ないって?

確かに!
なんか少しは内容書かんといかんね!

じゃあ、今日はあるYouTuberさんの動画をパクって作ったオレの動画を貼っておくゼィ!



こういった動画を作ったのは初めてだけど楽しかったし、作ってて気持ちが落ち着いた。

今回は超簡単に作ってしまったから正直いって音楽のバランス以外は全然おもんない。

あ〜〜、あかん、家出なアカン時間や!
遅刻したら、正直に言おう。

「読者さんが僕の記事を待ってるんでブログを完成させてからでないと、どうしても家を出れませんでした!」

「フォロワーは何人ですか?インフルエンサーなんですか?」って聞かれたらきつい!

「フォロワーは20人です!3人「いいね」してくれたら僕の中ではバズってる!って思います!」

プププ、

さぁ行ってきます!

終わり

【アラフォーオンナ人魚になる】泳げるって素晴らしい!



こんにちはー、アグです。

本当に毎日暑いですね。今年は特に猛暑らしいですね。
なのに海にも行けないなんてホンマのホンマに地獄😖
そんな事言ってる間にもぅ9月になってしまったよー😭



コロナのバカヤローーーッ‼️👊🏼


あら、お口が悪くて失礼😅
でも言いたくもなるんですよ。




だって、だって

夏が一番好きなんやもん!
って言うか海が大好きなんやー⛱




とにかく海に行きたいよー(ToT)
といっても今年はもう行けそうにないので諦めるしかないか・・・

実はこんなに海がスキ好きと言っていながら少し前までは全く泳げなかったんです。
いわゆる『カナヅチ』ってやつ(^◇^;)

だから足の届かない所には絶対に行かない、と言うか行けなかったから海での行動範囲は幼稚園児並み😅



波打ち際でチャプチャプしたり、浮き輪でちょっと浮いてみたり。
それだけでも十分に満足してた。


自分の身は自分で守る!


と言うのも、昔お付き合いしてた彼氏と海に行った時に溺れて死にかけた事があるんです(*_*)

その日はうっかり浮き輪を忘れてしまって、でもタイミング悪くその場所は海水浴場ではなく地元の人だけが利用するような所だったのでもちろん海の家などの商店も無く、人もほとんど居ない状態。
仕方なし波打ち際でチャプチャプ楽しんでたら


彼)
『 アグ、こっち来てん! 』



と呼ぶので近付いたら急に深くなってて足が届かずパニック💦
おまけに波が激しくてすぐそこなのに戻れない。


アグ)
『 っだ、だっ、、だずげで〜 』


運よくボートに乗って遊んでる人がいたので、必死にもがいて叫んで助けを求めてギリギリ助かった。
死ぬほど海水飲んだ🤮


危うく海の藻屑となって消えるとこやった・・・☠️



アグ)
『 ちょっと! 殺す気💢!? 』



彼)
『 ごめん、アグちょっとくらいなら泳げるって言ってたから・・・ 』



Σ(‘◉⌓◉’) そう言えば、確かにそう言ったわ。


脚も届く波の無いプールでたった10メートルほど泳げるだけで



『 ちょっとくらいなら泳げる 』




とか言ってた自分が頭おかしいよな、いやおかしすぎるわな ( ̄◇ ̄;)

今考えたらアレは泳いでるんじゃ無くて、蹴伸びして行ける所まで浮いてただけや!


何であんなこと言ったんやろ?
自分でも意味わからん  怖っ・・・


狐に抓まれたようや。🦊


とまぁ、こんな時でも少しくらい泳ぐ事が出来ていれば無駄に海水飲みまくって死にかける事もなかった訳やからね。

やっぱり自分の身は自分で守らんとね。
泳げる人だって溺れた人を助けれるほど余裕はないからね。




でもこの時はまだ泳げるようになろうとか全く思って無くて、「 浮き輪は絶対必要やな。」って事と「 脚の届かない所には行ったらダメやな。」って事しか考えてなかった。

だからこれまでずっと幼児レベルの海の遊び方しかしてこなかった。

いゃ何度も言うけど、これでも十分満足して満喫しててんよ!


でもそれから月日が流れ、縁あってけんちゃんと一緒になり2年前に運動がてら、けんちゃんとプールに通うようになって一生懸命コーチしてくれた結果、全く泳げなかったアグがなんとなんと、休憩なしで200メートルも泳げるようになったんです‼️
凄くないですかコレ?


まぁ、こうなるまでにはどれだけの量の水を飲んだか・・・

なんせ、けんちゃんはスパルタやからビシビシ鍛えられて。
時にはけんちゃんのお母さんも一緒にプールに行き指導してくれたり、お父さんからは泳ぎ方のコツなどが書かれた資料を頂いたり。
河井家総出でアグのカナヅチ克服に尽力してくれた。


有り難やありがたや〜🙏🏼


その甲斐あって人並みに泳げるようになったわけでして。
でもこの時はプールで泳いでるだけだったからその有り難みがまだまだ実感し切れてなかったんです。


泳げるとこんなにも世界が広がる




それがまさかスリランカでこの有り難みを最大限に感じる事ができるとは!




スリランカのビーチで毎日のんびりしてた時に『ここはウミガメが見れるよ』と言う地元民の情報を聞き『どうせ、ツアーでボートに乗って沖まで出たら見れるんやろ?』と思っていた。

でも少し気になったので話を聞いてみると、誰でも自由にすぐそこでウミガメが見れて一緒に泳いだり出来ると!

これはなんと嬉しい情報❤️


これはウミガメに会うしかないと色んな人から情報収集。
なんと言っても海の中を回遊している天然のウミガメなのでどの辺りに現れるかは確実ではない。



とりあえず泳ぎの得意なけんちゃんがフィンも着けずゴーグル一つで周辺を調査してウミガメ探し。


しばらく経って浜辺に帰ってきて一言


けんちゃん)
『 アグー、ウミガメ、ホンマにおったわ!😍 』


アグ)
『 アグも見たいー❣️』



って事でけんちゃんの誘導のもとせっせと泳いでウミガメの居るところに!
しばらくの間、優雅に泳ぐウミガメと並行して必死に泳ぐアグ😅


でも気分は・・・


” ぅ〜ん、まるで人魚🧜‍♀️ ”



これはほんっと〜に感動☺️
この感動はなかなか味わえるもんじゃない。

って言うか泳げなかったら即アウト❌



まさか泳げる様になった事でこんなに素敵な事があるなんて💖

この時ばかりは泳げる様になった自分が最高に嬉しかったね🙌🏼


けんちゃん、ホンマにありがと〜☺️



ってなわけでアラフォーにして泳げる事の有り難みを実感したアグは、同じく泳げない甥っ子にも是非スパルタけんちゃんコーチの指導を受けて泳げるようになってほしいと思い一生懸命勧誘してみたり。

泳げる素晴らしさをみんなにも感じて欲しいなぁ、なんてね😘


まぁ、ほとんどの人は泳げるか😅



本当こんなに長々としょーもないカナヅチ話を読んで頂きありがとうございます。



今更ちょっと言いにくいんですが・・・

実は私、小学生の頃スイミングスクール通ってたんですよね〜😭www

なのに泳げない、、、アグの七不思議のひとつです😱