【コロナ渦の中での帰国、すみません!ケン坊、帰国しました】

色々な思い出と新たな気持ちを胸に、帰国!

おいっす、ケン坊です!
こんなタイミングで申し訳ないのですが、
遂に、神戸に帰ってきた〜〜!

関空到着後、2週間は大阪のホテルで自粛!
そして晴れて「陰性!」頂きました!

今はアグの実家に避難中!

フィリピンでの4ヶ月間の仕事もロックダウンやリキュール・バン(お酒販売禁止)とか色々あったけど結局は良い経験になりました
楽しかったです💕

もう当分は海外に戻れないだろうけど英語の勉強を続けてまた、いつか旅立ちたいなぁ

海外はいつ行っても何歳になっても俺をワクワクさせてくれる💕
年齢を重ねてもその時々の年齢で感じる事も違う
自分さえチャレンジャーなら毎回ステキな人との出会いが約束されてる!

たまに飲み屋で知らないオッサンに、

「いつまでも夢だなんだと言ってたら痛い目に合うぞ!」

とかって有難いお言葉を頂くけど、そんな有難い意見に逆らって旅を続けてきて良かった 笑笑


うん、でも今回は結局色々と考えた結果取り敢えず”帰国の道”を選んだ”

だから仕事(日本基準の)もしないといけないし家を探したり区役所に行ったりしないといけないんだけど、取り敢えず今はアグと酒を飲みながらまったり二人でブログ中!

やっぱり世界に一人だけの嫁と呑む酒の与えてくれる安心感は究極形だね!

アグにいっぱいフィリピンの話を聞いてもらってアグの日本での生活の話を一杯してもらって、美味しいお酒を飲んでます!

(なんか二人共「車がほし〜ね」とか言い出して、SUZUKIのジムニーを買うかも!)

※ジプニーって何?って人はyoutubeで「ジムニー・グッさん」で検索してちょ




いやぁ〜、それにしてもやっぱり日本のツマミは上手いねぇ〜〜。
刺身もお漬物もコロッケも堪らん!





こんななんでも無いツマミが今の俺には堪らない!
幸せいっぱい感じながら、シガんで、シガんで、シガみ倒すのだ!



英語の勉強も更に熱が入ってるゼィ!

英語学習のYouTubeで有名な「アツさん」って人は6、7種類の単語帳を網羅してて全部の単語帳がボッロボロだったのね

そのボロボロの単語帳と英語ペラペラのアツさん、「カックイ〜〜」って思って彼のYouTubeばっかり見てたんだけど最近、新たな英語学習の強者チャンネルを見つけたのね

その彼が使ってた単語帳がめっちゃ良いのよ!
有名な単語帳みたいだけど「Duo 3.0」って単語帳

これの良さと勉強方法は直接彼のYouTubeチャンネルをチェックしておくれ!
(なんせ説明の上手い子だから俺が書くより吉!顔も男前だしな💢)



更に英語学習に関連するNo. 1YOUTUBER「アツさん」のチャンネルも貼っとくね!

(彼は有名だから既にみんな知ってるかもだけど)

英語学習する人は”楽しんで”やらなきゃダメだよ!

英語は楽しんだら入ってくる

逆に楽しめなかったら時間ばっかり過ぎてって全く知識が入ってこないからさ、英語だけは・・・。

人生は短くて儚い、みんなになるべく無駄な時間を使ってもらいたく無い

※本当に儚いよ。

最近、年齢のせいかホクロが異常に増えてくるし、
ちょっとお酒飲んだら意味不明の赤い斑点がブワァ〜って背中に出てくるし😰



「俺の背中、気持ちわる!」って思いながらも俺って存在は俺だけだし、俺の事を大事に思う俺が居ないと、俺の人生は本当に悲惨なものになってしまうから、俺の為に

って思う・・・

今日はこんな中途半端な終わり方ですんませんが、アグと酒をもうちょっと呑みたいんでここで終わります!

またすぐに書くんで宜しくです!

みんな、おやすみ〜〜〜〜






4か月半ぶりのホームタウン。

こんなどうしようもない眺めだけど最後だと思うと少し寂しい・・・

自粛の終わり(不安とドキドキ感)

今年の2月22日、フィリピンのセブ島で働く為に出国

そして先月の26日に約4ヶ月ぶりに帰国。
そこから2週間の自粛期間を大阪で過ごし、明日地元へ帰ります
世界旅行に出たのが去年の6月頭だから日本に長居するのは一年と1ヶ月ぶり

コロナが無ければ帰ってくることもなかったと思うけど、アグとも会いたかったし、このタイミングで帰らなければいつ帰れるか分からなかったからね

帰るか残るか迷っていたフィリピンでの最後の期間に、コイントスで帰ることを決めた。

大阪に帰って来て2週間お世話になったこのホテル。
早く帰りたかったんだけどいざ明日帰るとなると少し寂しい・・・

このホテルでの最後の夜。
最低限の部屋の掃除を済ませ、このホテルでの最後の風呂に浸かった

今日は酒を呑まない。

明日は久しぶりの外出だから少し物を買いに行ったり友達と久しぶりに少しだけ呑む予定

最近ホントに酒に弱くなった自分にも驚いているけど、酒に弱くなった自分を知って自分で自制してる事の方に驚く

また歳をとったみたい。
良い事だな

学校の仕事で今月書かないといけない記事が後17個も残っている

実際に少し焦らないといけないんだけど、どうも捗らない

フィリピンで仕事してる時はiPadを借りる事が出来たからiPadで調べ物をしながらマックで記事を書くことが出来た

そのスタイルに慣れてしまってる俺は携帯をiPad代わりにして仕事をする窮屈さに耐えれない

明日はiPadを買うつもりだ
(出来ればApple Pencilが使える奴で安い奴)

フィリピンにいる時に始めたiPadで絵を描いてそれをブログに載せるのも再開したいし・・・

一度便利な物を手にすると本当になくなるのが辛いね 笑笑

地元に帰るのが楽しみ過ぎて寝れないからブログを書いてるけど、そろそろ横にならないと

明日は地元の友達が迎えに来てくれる

遅刻をしないように用意しないと
大人だからね

終わり

【天下の台所で日本を叫ぶ】

ども、ケン坊です

フィリピンから帰ってきて大阪で自粛が始まって5日目です

帰ってきて日本の有様をこの目で見て超絶感動!
コロナの中、フィリピンと日本の違いにすこぶる驚愕!


「ほわぁ〜、ホンマに普通に街が動いてるわ!」


アグと友達のヤスが車で迎えにきてくれて自粛する為に予約していた大阪のホテルまで送ってくれた

空港からホテルまで高速使ったから殆ど工場しか見えなかったけど工場にすら感動した

「日本の工場、夕焼けに照らされて、き、き、綺麗やぁ〜」



嫁のアグは俺の帰国に合わせ、まるで”出所祝い”の様に祝ってくれた

鰻、ビール、焼酎、サラミ、剣先、ジャーキー・・・・久しぶりの日本食に久しぶりの日本の酒

早く口に放り込んでモシャモシャと”喰い散らかしたい”所ではあったけど、なんせ俺はコロナを持ってる可能性があったからな、

”早いこと食べたい!呑みたい!”をグ〜〜ッと堪えてまずは着ていた服とフィリピンで脱いだ洗濯物達を洗濯、そして俺自身もシャワーを浴びる

「は〜〜ん、早く食べたいよ〜〜呑みたいよ〜〜」
ブツブツ言いながら風呂に入る

蛇口をひねった瞬間に・・・・・阿鼻叫喚!
「ひゃっは〜、なんちゅ〜水圧や!首もってかれよったわ〜!」

トイレに入ったら便座は暖ったけ〜は、紙は便器に捨てれるわ(ウンチした時お釣りを浴びなくても良い)
水道水沸かしてコーヒーも飲める。

アカン、何してもテンション上がるやないかえぇ〜〜🤤

そしてシャワーを終えた待ちに待った晩御飯の時間!
いよいよウナギとご対面!

「山椒をチョチョっと振り掛けてと♫」
タレも一滴も余す事なく注ぎ込み、いよいよやってきたその瞬間・・・・


ゴキュリ・・・。ハグ!フンガフガフガ、ガツガツ、モシャモシャ、ムギュリ、ムギュリ



掻き込んで、掻き込んで、また掻き込む。
無言で掻き込む、只々掻き込み、舌の上でウナギを躍らせる事に集中

「う、ふ、ヒンン、う、んましゅギリュ〜〜〜〜」

腹一杯食い、酒を飲み、ベッドに崩れ落ちた瞬間にその日最後の阿鼻叫喚!
「これが日本の布団かぁ〜〜〜〜!!!」

次の日も寿司を持ってアグ登場

最高の気分は二日目にしても衰える事なく只々五感で日本を感じる

俺の国日本、優しくて麗しい火の国、「欲しがりません勝つまでは」、「おくれよおくれよ兵隊さん」、天皇陛下バンザ〜イ!!!

こんな素晴らしい国だと再認識した俺は日本人に生まれた有り難さを、素晴らしさを一生忘れない様に生きていこうと決めた!




今日で五日目・・・・・


慣れた



外に出たい

コロナ、ファック
しかも今日は・・・・雨。
台風が来よるのか知らんけど風が凄くてベランダのスリッパが1つ飛んでった・・・

ハァ〜、人間ってなんで感動に慣れるんやろ?
残念で仕方がない

マーク、元気にしとるかな・・・?

終わり

【大阪で隔離されるのが決定したよ!】

日本に戻ったら、とりあえず二週間の隔離生活だよ〜ん



俺は神戸市の人間だから関西国際空港に帰るんだけど、COVID19のチェックを受けて、運が良ければ3時間で解放されて友達の車に乗って大阪市内の安い民泊に入る予定やねんけど運が悪かったら二日も空港に足止めされる事もあるんだって。

(三時間と二日って振れ幅の広さが謎よな。)

その後、2週間も隔離ってのはすごく嫌だけど、こればっかりは仕方がない。
政府の対応が適当で感染者が増えたら俺も困るからな。
まずは「誰にもうつさない」って大事だし。ウンウン、致し方なし!
ブログを書きまくれるなぁ・・・・

あ♩さすれば籠らねばなりませぬなぁ〜🎵

どうせ学校のブログも書かなイカンし、英語の勉強もやらなイカンから「こもる」ってのは結構良いかもな



英語もなるべく忘れたくないし、ネトフリ見ながら単語も覚えて1人で発音の練習とかもやらないと
(鏡を見ながら口の作り方の練習。”ガクチャン”参照!)

帰ったら学校の仕事を続けながら、英語を使ってできる仕事も探してみよう。
(俺レベルの英語じゃ限界があるのも確かやけど探しもしんと諦めるのも嫌やし)

物価の高い日本に帰る訳だからそれなりに稼がないと貯金が減ってく一方やからその辺も考えないと・・・
(保険も入り直さなイカン・どうせ貰えない年金もどうするか考えないとイカン。

忙しくなるど〜〜


そんなことを考えながらも、あ〜フィリピンに別れを告げる寂しさ😭

初めて間近で見る事ができて一緒に泳いだジンベイザメ、生徒達と夜な夜な踊ったズンバ、日本からの最高の友人・セイジさん、団子みたいなフィリピン人のマーク。



全てがよき思い出だわさ😢

名残惜しいけど帰国を選んだんだから取り敢えずは日本に帰って這いずり回る日々のスタートだな

うん、頑張るぞ!






【本当に暇な人、必見】誰の為にもならない雑記・38のオッサンと32のフィリピン人のオッサン

こんにちわ、20万円越えのカメラレンズを落として壊してしまって凹みの極みに居るケン坊です
(アカン、まじショックやわコレは・・・)


いやぁ〜、凹んでもレンズは戻ってこん!
生きてさえいればまた働ける!また買える!
気分を直してイザ本文へ!


さて、皆さん
日本はどうですか?

今年の夏も暑いですか?

ソーメン喰ってますか?

霧ヶ峰をフル稼働してますか?

風鈴たらしてますか?

水風船で戦争してますか?

かき氷で頭、キーンってなりましたか?

スイカは種まで食べたらお腹の中に実がなりますよ

少しお高いですが天然の鮎は召し上がりましたか?

ラムネを桶で冷やしましたか?

近所の公園でひまわり達は笑っていますか?

蚊取り線香を足元に置いて読書はしましたか?

私が生活しているフィリピンにはそういった物が1つもありません。
でも今は日本が恋しくありません
皆さんの事を羨ましく思いません



何故ならば・・・・








遂に俺も日本に帰るからじゃ〜〜〜い!!!


ギャッハッハ、いやぁ〜、帰国が決まったよん!

別に帰りたいとも帰りたくないとも思ってなかったんだけどねぇ〜、飲み友達になったフィリピン人のマークがドヤ顔で地元に帰っちゃったからね〜


マークの宿泊してた部屋は俺の部屋の真ん前だったんだけど、あの団子野郎、夜になると「コールオブビューティー(戦争物のオンラインゲーム)」をオンラインでやってて、めちゃくちゃ盛り上がってたのよ。


インカム付けて、英語やらタガログ語でやら発狂してて、あの時は

「クソが、マークの野郎またオンラインで盛り上がってやがる!ちょっとはボリューム考えろよ!俺も参加したくなるやね〜か!クソ馬鹿団子マーク!」

とかって思ってた

でもそんな団子がいなくなって初めてその存在のデカさに気が付いた

マークと涙のハグで別れた次の日から俺の部屋があるフロアが怖いくらい静かになっちゃって

今までならどちらかがタバコを吸いにベランダに出る時、その気配に気付いて、もう片方も出てきて2人でタバコを吸ってたのに、今は何回俺がベランダに出ても誰も出てこない・・・


「やばい、静かすぎて落ち着かん。今までマークのバカみたいだけどなんとなく人の良さを感じる馬鹿笑いの中で寝てたから今の静かさとのギャップがデカすぎる」



「う〜ん、う〜ん」


「寝れないよ〜、」


「マークの馬鹿。」



「・・・・マーク、帰ってこないかなぁ」


マークがいない寂しさから寝不足になった俺はダラダラ起き出し、「あ〜、なんか食欲も湧かへんわぁ〜。俺もまぁまぁセンチメンタルやなぁ」

とか独り言を言いながらカップ麺入れ(エコバッグの中に山程カップ麺を入れてる)から一番デカイサイズのカップ麺を取り出し湯を入れた。

カップ麺を食べ終わった後も何もする気がせずベッド上でドラクエを始める


普段ならパソコンを開いてブログを書くなりネトフリで英語の勉強を始めれるんだけどやる気が出ない。


タバコを吸いにベランダに出るとそこにはマークと一緒に灰皿として使っていたビール瓶がポツンと置いてある・・・



そして俺は日本に帰る事を決めた・・・

ブハァ!どんだけ寂しがり屋さんやねん俺!

38歳のおっさん、32歳のフィリピン人のオッさんが居なくなった事をキッカケに帰国を考える!

タイトルにならんわ!

いやぁ〜、まぁそんな訳でね、帰る事になりました。

マークがおらんくなって寂しく感じてるのはホンマやねんけど、俺の今やってる仕事は正直、日本でも出来ることばっかなのよ

フィリピンはコロナの感染者も増えてきてるし、酷くならんうちに撤退しとこって感じやねん

フィリピンを窓口にしてヨーロッパかオーストラリアに飲食店を出す計画は取り敢えずはポシャやね!

まぁ誰が悪い訳でもないし、このコロナでみんなも泣いてるもんなぁ!

出直し出直し!

日本帰ったら始めてみようと思ってるちっちゃいビジネスもあるし、取り敢えずは帰って「神戸の中華そば、もっこす食うべ!」



終わり!

【海外生活1年終了。ここに来てうだつの上がららん日々】



(フリーザ風で)
お疲れ様です・・・
現在フィリピンはAM3:56ですよ・・・




ん?テンションがいつもと違うですって?




クックック、仕事でたった一本のブログを完成させるのに2日もかかってしまいましてね、ちょ〜っと疲れちゃっただけなんですよ



いやぁ〜、今回は手こずったなぁ〜。


なんせ完成した記事が気に食わなかったもんだから8時間仕事の記事を一回全部消して0から書き直したからね!


書き直してやっとさっき仕上がった所


「8時間かけて書いた記事を消す・・・」


諸君!コレがどれだけ勇気のいる事かわかるかな?


例えるなら、
ついついセーブもせずにゲームを2時間やった後に攻略サイトを見たら気付かぬうちに取り返しのつかない要素をやっちゃってた事に気付いて半泣きになった後で電源を自ら消して2時間前のデータからやり直す✖️4回分って感じかな


ん?ハハハ、いやぁそんなに大した事じゃないよ。
お給料を貰ってやってるんだからさぁ、常識、常識


ゴッホも言ってたじゃない!
「偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられる」って


いやぁ〜どうもどうも。人の名言を借りてる時点でまだまだですよ〜、ハハ


ん?なんですか?


そんで完成した記事の出来映えは?って?




「・・・・・」




「クックック、それが苦労して書き終えた人間にかける最初の言葉ですか?」


「まずはお疲れ様でい〜んじゃないですか、そこは?」


「クックック、まぁいい。そんなに知りたいなら教えてあげましょう・・・」









「最悪の出来映えだよ〜〜〜!!!」



いやぁ、マジで終わっとる
本当にね、面白くもないし分かり易くもない。



当初は「この記事は4分で読めます🤗」ってやるつもりだったのに実際は、

「この記事は30分で読めます🤗」って長さ

クソほど長編じゃね〜か🤮

そんなに長い文なのに面白くもなくて分かり易くもないだと?
そんなブログを世に発表するなんて、”俺はネット社会の害虫”か?


ゴーストライターの才能なさすぎ、俺(T . T)

1ヶ月半前にウチの社長に、

「ケンさんは人を説得する凄い才能があります。ウチの学校のゴーストライターになって下さい!」


な〜んて、それっぽく言われちゃったもんだから調子に乗って「執筆活動するなら太宰治っぽくありたいよなぁ〜」とか思って髪の毛伸びしてたら気が付けば”佐村河内”みたいになってきてるし

「HIROSHIMA!」

とか言っとる場合じゃね〜し!
俺、神戸やし!

ゴーストライターになってまだ1ヶ月半だってのに既に新垣さん欲しい😭

そんな感じでガッツリ疲れちゃった俺なんだけど今日は更に悲しい事もあったんよ

ロックダウンに入ったばっかの3月くらいにウチのゲストハウスに滑り込みで入ってきたゲスト「マーク」が遂に今日故郷に帰っちゃったんだよ〜〜、

「寂しい寂しい〜〜!」

マークはメチャクチャ気の良い奴で顔も体もデカイ団子みたいな奴だったんだよ

毎日毎日一緒にタバコ吸ってたまに酒飲んでバカな話が出来た最高のフィリピン人だったのに
今日の昼に帰っちゃった。

昨日の夜も最後の夜って事でマークのお別れ会をやったんだけど最後までフィリピン語で「ケツの穴」とか「嫁の脇は臭い」とかって言葉を教えてくれて🤣

そんな事言ってる癖にアイツは嫁の事がメチャクチャ好きなんだよなぁ〜!

時々嫁さんの写真を見ながら1人でタバコを吸ってて、たまに月とか見上げちゃうロマンチックな団子だったんだよ、アイツは!

最後に「日本に来たら絶対に連絡しろよ!」っつって別れた。
(船で16時間っていってたからもうすぐ着く頃だなぁ)

ブログ書くのも大変だし、友達も減っちゃうし、ロックダウンもまた厳しくなっちゃったし、そろそろ一回閉め時かなぁ〜・・・

取り敢えず疲れたから寝よ
「おやすみ、とっつぁ〜ん」




【ブログと僕とマックブックとコーヒーとタバコとカップ麺 今はそれで事足りる】

コンバンワ、ケン坊です

なんか最近寝つきが悪くてねぇ〜、昨日も3時間くらいしか寝れなかったのよ。

ベッドの中には5時間くらいおるねんで。

でも寝れたのは3時間・・・しかもなんか寝てる筈なのにちょっと意識がある状態

「寝れんなぁ〜、寝れんなぁ〜」思てたら朝になってしもて。

そんで朝なってミーティングにでなアカン30分前になったらメチャクチャ眠くなる😰



今のメインのお仕事は学校のゴーストライターとしてブログをひたすら書き続ける事。

自分のブログやと自分の事と読者さんの事だけを考えながら書くだけやから楽しくかけるんだけど、学校のは言葉遣いとか正しい情報とかを山ほどググりながら書くからホントに疲れる・・・

学校に情報提供してくれる他のブロガーさんにお手紙メールとかも書かないといけないし失礼があったらイカンから肩が凝る・・・



「今日は早く寝よう・・・」
と決めて早めのシャワーを浴びたら廊下にゴキブリがおってゴキブリ嫌いのオデは気になって寝れない

だからまたブログを書いている・・・


ブログを毎日毎日書いて、英語を毎日毎日勉強して、俺は何処へ行くんだろう〜?

ブログを毎日書きすぎてパソコンのキーボードがネチャネチャする。

二日に一回は拭くようにしてるのにネチャネチャする・・・


コーヒーとタバコのやり過ぎなのかベッドに入る前に歯を磨くと、ゴーストライターになる前の3倍くらいハッカの清々しさを感じる。

「き、き、き、・・・・気持ちイィ〜〜〜〜〜〜」


執筆活動、たのチィ〜〜〜〜〜〜。

今はベッドの中で書いてる、一応書き終わるけど、1時間して寝れんかったらもう1本書こう。

ダーツする人が手に付けてるヤブサメの手袋みたいな奴、なんの意味があるんやろ〜?

アレも洗濯するんかな?

未成年の子がダーツにハマったら、その子のお母ちゃんがヤブサメを洗濯する事になるでしょう・・・?

干す時、我が子になにを思うんやろ〜・・・?

とか考え出したらもうやばい・・・

【寝起きで世界10カ国の人達と二時間程しゃべったら!?】

昨日の夜ベッドでネトフリ見ながらこれからの自分の人生と自分の年齢について考え事をしていたら急に不安になってきて中々寝付けなかった。

皆んなもそんな経験はあると思うんだけど・・・

そーいうのは考えても仕方がなくて結局は自分のやりたい事、行きたい方向の勉強を必死こいてするしかないって事はわかってるんだけど人間って弱いから考えちゃうよねぇ〜


そんなこんなで今日は昼近くまで寝ちゃってたんだけど、仕事で昼の12:00から多国籍の参加者と行うオンラインミーティングの予定が入ってたから「面倒臭いなぁ〜」とか思いながら参加してきた

結果は・・・・



マジで参加して良かった〜〜〜!!



やっぱり外人さんって本当に積極的で元気があって自分の主張をしまくるんだよな!

たまにそれがウザい時もあるんだけど、自分が凹んでる時に彼らの”何かに立ち向かう姿?”「なぜ、そんなに本気になれるの?」って思わされる前向きさに良い刺激を貰えた今日のオンラインミーティングだった。


2時間ほどオンラインでイラク、アメリカ、インド、ウガンダ、マダガスカル、ドバイ、フィリピン、南アフリカ、中国、日本という多国籍の人達の話を聞いていた


テーマは「人種差別」と「コロナ」と「アメリカで今起こってる「プロテスト」について


日本人って政治に興味が薄いってのは大分前からそうなんだけど外人さは本気で熱い!


ミーティングで彼らの抗議を聞いてて俺思ったのよ。

「やっぱなんだかんだ言っても日本ってまだ良い国なんだなぁ」って

「日本人が政治に興味がない」って言うやん?

その理由は多分日本人の殆どが本気で困ってないからなんやで

アフリカ系アメリカ人の人とかメキシコからの移住者の人って警察に警棒でど突かれる・最悪銃で撃たれる覚悟で抗議するやん?

あの警棒でど突かれるってよっぽど痛いで

「それでも抗議せんと彼らの酷い生活は変わらへん」って現実が彼らを行動させる訳やん?

そこまで辛い目に遭ってるからあんなに本気で抗議できるねん、絶対

日本も30年デフレが続いてて景気が悪いとかって現実もあるけど飯は食えるやん?布団で寝れるやん? 笑笑

過去に出来た俺の友達の中に「食うのに困った事がある」とか「ウチは一日一食やった」とかって奴おった覚えがない・・・

きっとそんな辛い目に遭ってる日本人も居るんやろうけど数がまだ少ないと思うのよ

これが全国民の20%、5人に1人がそんな状態ですってなったら流石の日本人も大きな抗議すると思うねん

だってどんだけ飯作るの面倒臭いと思っても、外に買いに行くのも面倒臭いって思っても本気で腹減ったら動くもんね。


日本で生活してたらなんやかんやで必死でセブイレの夜間のバイトを月26回したら20万円以上の給料稼げる訳やん?
(今はそんなんブラックとか言われるならデリヘルのねーちゃんの送迎とか掛け持ちでやってもいー訳やし)

一食(1日3食)に800円使って72000円。+家賃45000円の部屋借りて光熱費1万円使っても込みで127000円でしょ?

そこに保険代と年金足して3万円使ったとしても15万7000円で4万円以上貯金できるやん!

(実際一食800円も使わへんし朝とか食わん人もよーさんおる。食ってもパンと卵焼いてコーヒーで充分やろし・・飯に72000円も使わへんやろけどたまには酒も飲みたいって事で・・・)



それでも年間50万円貯めながら数年先に自分がやりたいメインの仕事を考えてそれに向けて勉強する事だってスマホ一台遭ったらある程度の勉強も出来るもんなぁ〜🙄

外国ってもっと給料もエグくて、まず貯金できんって人が一杯おる


そんな外国人の生の声を聞いて、「自分より酷い生活をしてる人を見て自分が安心してる」って感が否めないけどそれでも良いと思ってるねん、俺は


普段、日本に居て外国の差別の話とか聞いたりネットで見たりするけど今回、初めて生の声と必死に訴える黒人の方の表情を見て俺はすっごい思ってしまった

「あ〜、俺の人生って結構辛いことも多いと思ってたけどこの人よりマシやなぁ〜」って


そう思った時に心が軽くなったし恵まれた環境におるんやからもっと勉強しよ〜って前向きになった。


人の不幸を聞いてやる気になるって道徳的にどうなん?って声めっちゃ多いけどもしかしたらそれは綺麗事なんかもしれんね
実際、俺らそんなに強いんか?


人間って弱くて汚い生き物だって事はみんな頭では分かってるよな、多分


俺は理由はなんであれ、自分がやる気になれた事が凄い良かった

外国人の生の悲痛な叫びを聞けて良かったって思った。


それが自分が何かに努力できる栄養源になって自分を突き動かすならまずはその「動けるようになった」と言う現実が自分にとって一番大事だから

楽しい事もいっぱいあるけど同じくらいか、もしかしたらそれ以上に”生きるしんどさ”ってあると俺は感じてるから


キッカケはなんでも良い。行動しないと何も生まれない

行動するのが一番大変。一歩踏み出す事に凄いエネルギーが必要

でもそんな大変な一歩を踏み出し続ける事が出来たら、その一歩一歩がより良い自分を作ってくれる。

そして今よりももっともっとより良い自分が出来て初めて、誰かの相談に乗れるようになるかもしれない


あくまでも俺の場合だけど”自分の事、クソって思ってる時”は勉強も捗らないし新しい可能性を生み出す事も出来ない。

俺はとにかく自分のやる気スイッチを刺激してくれる物を大事にしたい

たとえそれが人の不幸を見て自分がマシと思えると言うような最低の方法でも

強くなれば余裕も生まれる

余裕は安定した生活と習慣を生み、安定した心は新しい知恵を生む

強くなって自分の大事な人とか友達と幸せになりたいのである


そんな思いが俺を動かし、一週間ほど前にあるサイトに辿り着いた

「仏教が分かる!仏、悟り、お経について基礎から分かる!」

迷っとるんわぁ〜、俺・・・

終わり






ケン坊ブログ(雑記・日記)を始めました!

こんにちわ、最近自分の書く”ブログが長すぎる”のが猛烈に嫌になってるケン坊です



元から奇をてらった文を書くつもりは無くて、自分の中で大きなテーマとして決めていた事は2つだけ


「誰でも読みやすい」
「人間の本性を包み隠さず」



って事を意識してたんだけど、気がついたら

「ダラダラ〜ッとした文章」、「結局何がいいたのか分からない」

そんな文になっちゃってる事が多い。😰



原因は分かってるんです、”書く事自体”が好きだから書きたい事がなくても書こうってなっちゃうからなんだな!
(コレはオナニー好きって事だよなぁ、🤭)

好きな時に好きなように書ける!ってのがブログの醍醐味なんだけど、出来たら読んだ人に面白いと思って貰いたいし、感じて貰いたい!

って考えると今の俺みたいに
「よく分からんテーマをダラダラと書く」
っちゅーのは最悪の形じゃないかぁ〜ってなったんです

だからやっぱり書く事がない日は日記や雑記ってちゃんとタイトルに入れて書く事にしました。

『日記・雑記』って入れるだけでツマラナイ文章を書き放題!

「ヒャッホ〜〜」

って事で『日記・雑記』を一杯書いて行こうと思うので宜しくです

おやすみ!

【今現在、どうしようも無くゴミのような生活を送っている人、多分まだ大丈夫ですよ。】

おいっす、ケン坊です!

今日はあんまり話したくない俺の数ある過去の黒歴史の一部を紹介して”どうしようも無くグータラ生活している人へのエール”としたいと思います!

① 今、考えると1番ゴミだったあの頃

今現在、俺は38歳なんだけど俺の口座には数千万円の貯金がある

+上手く行けば2千万円ほどになる株。

もちろん全て自分で稼いだお金だ。

その金額について”多い少ない”を話したいのでは無く、”ゴミみたいな人間だった所から少し余裕がある人間になれたよ”って所に注目して欲しい。
(億あったらもっと説得力があるんやけどね 笑笑)



当たり前だけど最初からあった訳ではない
俺は23歳まで一切貯金をせずに全て自分の欲しい物やギャンブル・夜遊びに金を使っていて全く貯金が出来ない人間だった。


遊びに遊んで親に反発しまくった結果、金もなく帰る家も無くなり自分の人生に対して初めて焦ったのが22歳の頃だった


キチンとした仕事もした事がなかったし、仕事が嫌いでやりたくなくて仕方がなかった。

いよいよ明日の飯代もないって所まで行って初めて先輩の働く焼き鳥屋にアルバイトとして入れてもらった

その時に初めて思った事が、


「只、食べていくだけの事がこんなにしんどい事なのか?先に入ってる年下の大学生に顎で使われる。そしてこの辛さが死ぬまで続くのか・・・・?」と本気で凹んだ



俺はその現実を呑み込む事が出来ずにストレスを感じていて、仕事後は酒を飲みクダを巻いていた


4ヶ月ほど死ぬ程バイトして手元に残った貯金が30万円になった時に俺は我慢できなくなってバイトを辞めた。


バイトを始めてから交際を始めた彼女の家でダラダラと過ごし、彼女が朝仕事に出ていくのを見送って2度寝し、起きたら彼女の家の冷蔵庫を開けて作って貰った食事を喰う


夜になるまで雀荘に行ったりゲーセンに行ったりして時間を潰し、彼女が帰って来る前に夜の街に安酒を求め、深夜の3時〜5時に帰宅するという生活を続けた


そんな生活を二週間続けた頃に貯金を見たら30万円あったのが20万円程に減っていた。


「・・・クソが、こんな調子やとすぐに金が無くなるやんけ」


自分が悪いのにブツブツと文句を言いながら缶ビールばかり呑んでいた。


その頃、夏の甲子園がテレビで放送されていたのを覚えている


高校球児達が真剣な顔で野球をしている。


そのプレイを見ながら心の中で


「この子らの殆どは小学生の頃から皆んなが遊ぶ土日も練習して、今ようやく夢の舞台に立ってるんやろうけどプロ野球選手になれる奴なんて10人もいないんだろう。時間が勿体無いとか思った事ないのかな?レギュラーの奴はまだしもベンチ入りも出来ていない三年生の子らはどんな思いで同級生の野球を見てるんやろう?」


「この甲子園が終われば就職するなり進学するなり普通の人生を送っていくんだろうなぁ。そんで仕事が辛いと感じた時とかにみんなで取った集合写真とか見て勇気を出すんだろうなぁ。」



とか冷めた事を考えながら”ポテトチップスのうす塩”をポリポリと食べていた。



俺は自分の境遇について安心したくてたまらなかったんだと思う。


何かにつけて”冷めた物の見方”をしていたのもそうだし不幸な人を探して「くだらない自分の人生も自分より不幸な誰かさんよりはマシ」と思いたくて仕方がなかったんだと思う。


そしていよいよ手持ちの貯金が尽きたら何処でも良いから”ちっちゃい工場”でも”長距離トラックの運ちゃん”でも就職するしかないんだろうなぁと思っていた
(良いカッコするつもりはないけど今では、そんな覚悟で勤まるほど”長距離の運ちゃん”や”死ぬ気で物を作っている社長が運営する工場”で働く事が甘くはない事を理解)している。みんな生きる為に本気なのだ。)


毎日を”冷静に生きている振る舞い”をしていたが内心はずっと不安で、自問自答を繰り返していた記憶がある・・・

「俺の人生はこんなものなのか?」

「こんなゴミのように生きる事しか出来ないのか?」

「まだ22歳・・・本気で何かに取り組んだら間に合うんじゃないのか?」

「人の頑張りを鼻で笑っていて本当の幸せが手に入る筈がない・・・」

色々考えながらもビールを呑み、貯金は減っていく

また勝手に焦り出す

俺の自由時間が終わろうとしている・・・・


「このままじゃ俺の人生は最悪な形を迎えてそのまま終わっていく。せめてこの貯金を少しでも俺の未来の為に使えないか?」


気がつくと俺はタイ・バンコクのドンムアン国際空港に立ち尽くしていた。

理由は3つ

  • 外国に行けば自分の中で何かが変わるかもしれない
  • 物価が安い国に行けば日本で過ごすより長い時間フラフラ出来る
  • 彼女に愛想を尽かされ始めていたから「海外でなにかを試す」と大見得を切った


そんなクソな考えから始めたのが俺の始めてのバックパッカーだった。

タイに降り立ってから俺が発した独り言を今でもハッキリと覚えている

「暑っつ・・・・。俺、何しに来たんやろ?」

その当時のタイの物価はマジで激安でビールが5、60円で飲めたし飯も屋台のばっか食ってたら3食で100円ちょいとかで過ごせた
(宿代が300円くらいだったから一日500円で過ごせてしまう時代)

ムフフなお店もめ〜っちゃ安くてホテル代込みで5000円も出せばタイで最高級の女性とムフフな事が出来たのだ。

普通のタイ式マッサージ店に入っても終わる頃に70%くらいの確率で下半身を触ってくる

そこら中で上物のマ◯ファナが格安で売ってる

安宿に行けば貧乏旅行者10人以上で集まってプカプカやってる
(呑気な音楽をダラダラ流して)


そんなタイで俺は気が狂ったように遊んだ

周りはマジで俺みたいなゴミ旅行者ばっかり。

40超えたパチンコ狂い無職のオッさんとか、冬はスノボーのインストラクターやって旅行客を食いまくって夏になるとインストラクターで稼いだ金でタイで遊びまくり、冬になると山に戻っていく奴とか


現実逃避するには最高の国だった。
(現在のタイは物価が上がってしまってあの頃のようには遊べない。今、そんな物価を求めるならカンボジアとかの方がオススメだ)

も〜タイでの毎日が楽しすぎてあの時は本当に移住したいって思ったくらい。



まぁ遊びに遊んで最高の気分を毎日味わってた訳なんだけど新しく出来たゴミのような友達の中にたった二人だけ真面目な旅行者が居たのよ

彼らと話してたら彼らはカンボジアのアンコールワットに行くらしくてそれを聞いた時に「俺も行きて〜」ってなったのよ

いつ頃見たのか忘れてたんだけど浅野忠信主演の「地雷を踏んだらサヨウナラ」って映画

その映画を見てから”いつかアンコールワットに行ってみたい”と思っていた。


この映画はノンフィクション映画で1972年ベトナム戦争が飛び火し、紛争が激化するカンボジアに一人の若き日本人戦場カメラマン”一ノ瀬泰造”が潜入し、なんとかアンコールワットの写真を撮ろうと奮闘する映画だ。


彼を好きになった理由は”写真を撮るのが下手だった”という所だ。

彼は銃弾が飛び交う生の戦場に身を置き、一つ間違えば死ぬという場所を仕事場に選び、命をかけて撮った写真を売って生計を立てていたらしいが命かけた写真がウンコみたいな金にしかならなかったらしい・・・

(命をかけて撮った写真を何十枚も渡して千円くらい。※映画より)

流れ弾を食らった彼のカメラ


誰にも認められないのに”そんな事は関係ない”と言わんとばかりに戦場に写真を撮りに行く無鉄砲さと、”給料が見合ってない”ってのがなんかたまらなくカッコ良く思えた。

一時期この戦場カメラマンに心の底から憧れていた俺はタイに出てくる前に爺ちゃんの家に行き、コッソリと爺ちゃんの宝物の一眼レフ(フィルムカメラ)と大量のフィルム・ついでに2万円程を年金袋から頂戴し、この旅に持ってきていた。

実はタイに到着して二日目、特にやりたい事がなかった俺は1人でアンコールワットを目指して列車に飛び乗ったのだ

国境の町アランヤプラテートって所まで行ったんだけど英語が全く話せなかった俺の実力も相まって色んなトラブルに巻き込まれて心が折れた俺はバンコクに逃げ戻った

って経緯があったのだ

そしてこの2人と出会い、話を聞いてたら彼らは英語が話せるって言うじゃないですか!!

”棚ぼた”である

そんな感じで金魚の糞になって彼らについていき無事にアンコールワットに行く事が出来たのである

そしていよいよあの瞬間に出会う

紅く染まる夕暮れ時、アンコールワットは幻想的な雰囲気に包まれ俺はその紅の中心で覚悟を決めた。

数少ない自分の人生の選択肢からある1つを選んだのだ。

「どんだけちっちゃくても良い。自分の店を持ち、社長になろう。しかも一刻も早く。そしてその店を従業員に任せ、俺はタイに移り住み、安いお金で豪遊するんだ!」

俺の目はきっと輝いていた。俺は当面の目標を見つける事が出来たのである

カンボジアからバンコクに戻った俺はまた遊び呆けた!

俺の心の声「仕事は日本に戻ってからだ。今、この時を無駄にしてはいけない。遊べ、俺。もっと楽しむんだ!インフィニティ〜〜〜〜!」

最後の最後まで遊び尽くして日本に戻った。

そして勝手に辞めた先輩が働く店に戻り、シッカリと頭を下げてもう一度雇ってもらった。

仕事が始まって一週間もしないうちにタイに戻りたくなったが、俺の心がこう言っていた
「まだ、ダ〜メ💕。お金が400万円貯まったら独立!その時にお店を出す前にご褒美としてもう一回タイに行こうね💕」

そんな感じでなんとか真面目に勤め続けた。

タイへの楽しみがあったから俺は頑張れた!
辛い時はタイの美女達の顔を思い出した

そうこうしていると26歳でオーナーになれた。

オーナーになった時はタイに行く事よりも金を稼ぐ楽しさを追いかけるよになっていった。

銭ゲバになった俺はそこから約10年、金だけを追いかけた。

そして最近、お金お金の人生に飽きてきた俺は「人生はお金じゃない!」とかって言って全てを売り払い、今は超安い給料ではあるが外国で働いている

もう40歳手前なのに・・・・

これからどうなるのか分からないし不安もいっぱいだけど、きっとなんとかなる

嫁もおるし。

嫁が出来てから風俗には行けなくなったのが残念だが嫁ってのも中々良いもんだ!

ウチのはちょっと抜けてるけど可愛らしいところもあって、最初は「あ〜あ、俺もついに所帯持ちか〜。窮屈になるんだろうなぁ〜。なんかカッコ悪いよなぁ〜」
とか思ってたけど嫁のアグは中々面白い奴だ

俺が死んだら俺の保険金で腹一杯ウニを食いに行くらしい

そんな愉快な嫁と世界一周!とかってこのブログを始めたんだけどあっさりとコロナに邪魔されて中断。結局はアジア一周+インドとスリランカで終わっている

再開のメドは立っていない

ホントに安定した金も稼げてないしこれから何をしたいのかも定かではない

なんども言うが年齢だけはそれなりに重ねていて2人とも40歳前後だ!

俺ら程不安定な40歳夫婦も少ないのでは?と思えるレベルだ

2人とも誇れる資格なんざ持っていない

俺が持ってる資格は誰でも取れる英検4級と普通自動車免許(普通二輪含む)のみ

アグも一輪車に乗れるくらいだ

でもきっと大丈夫!

「今現在、どうしようも無くゴミのような生活を送っている貴方も俺も多分まだ大丈夫ですよ〜」