レッドウイングに対する愛、溢れてこぼれてシェシェシェのシェ!

こんばんは〜〜!(こんにちは・おはよう・はろ〜)


やっべぇ〜〜〜!ねっみぃ〜〜!
来週から新しい案件始まるから眠たくなってる場合やないんやけどな💦💦💦


ってのもな!
さっきよぉ〜〜、オレから”ココ壱”の良さを同僚に説いてやってた訳!

説いてたんはオレの方やのに当のオレが喰いたくなっちゃってさぁ〜〜〜、参ったぜホントに〜。

仕方がねぇ〜からよぉ〜、
カップ麺BIGの後やのにフライドチキンカレー4辛大盛りいっちゃったぜぇ〜〜、



現在夕方の16時38分。
眠すぎてプログラミング全くできんぜぇ〜〜〜。


完全に脳死状態、
って事でブログでも書こうかなってテンションよ。


「赤い羽根、軍団!!!」




オレの職場は大阪の四ツ橋ってとこにあんやけどよ、誰かがオレを狙ってるとしか考えられない訳よ!
ってのもよぉ〜、会社から歩いて簡単に行ける距離にレッドウイング専門店があんのよ。





勉強し過ぎで息が詰まったらたまに散歩がてら外に出るんやけどな、どっちの方向に歩いていってもそのレッドウイングの店に辿り着くわけ!

完全に狐につままれとるね。

やっぱえ〜〜よね〜〜、レッドウイング🤤🤤🤤
たまらん!
ケツの穴!案件。



ぐぅ〜〜〜〜っわ、web上でいきなり刺された!

この写真の奴ら、エグすぎやろ!
強烈過ぎる人生を生き抜いたバチクソ格好良い翁(おきな)の死骸みたいやんけ!


マジたまらんわ!
臭くて当たり前、履きにくくて当然!
レッドウイングとは、一筋縄では行かへん翁達や!と肝に命じて接する事をオススメするよ。

今、俺んちには4足のレッドウイングがあって一個はアグに買ってやったレッドウイングのペコスでオレのは#977とベックマンと#9166やっけ?あんねん。
(名前知らんのかい! 笑笑)



まぁレッドウイングっちゃ〜〜、有名やから皆知っとると思うねんけど、革のブーツ。
なんでもそ〜やけど革製品って新品はバリくそダッサイわけよ。

革はホンマに全部そうやけどブーツも何年か履いてようやく格好良くなってくもんや。



今持ってるオレの3足も大体3年くらい変わり代わりに履いとる。

最近、やっとこさちょっと見れるようになってきたくらいやわ。



ほんでよ、せっせと代わり代わりに三足を毎日履き回して育てていきよる訳なんやけど、困ったことにま〜た欲しいレッドウイングが二足も増えたのよ!

こいつ↑と

こいつ↓

この二枚目のは正直あきらめはつくけどな。

コレは夏とかに下の写真みたいに「軽めに履きたい」って思ったくらいやから

せやけど、せやけど、


あっか〜〜ん、写真見ただけでクラっとくるぜ〜〜〜。


欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい

欲しうぃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!



一足目のレッドウイングアイアンレンジって奴は最初クッソダサいねんけど、エイジングしてったらヤバいくらい格好良くなんねんぜ!!!


マジで、
”遅咲きやったけど誰より仕事できるようになった翁(おきな)”感、半端ない!?


ほんまは手持ちのベックマン買う時にこっちにするか迷ったんやけど、悩みに悩んだ挙げ句にベックマンを買ってん!

ベックマンもチャングソ格好良いから後悔はしてないねんけどな。


↓ベックマン(おれのは左上のやつ)

ちょっと綺麗な格好する時にも履きたいと思って左上のやつにしたんやけどやっぱ茶色欲しぃ〜〜!ってなってん。


だからアイロンレンジ買う時は茶色!って決めてるねん!


新しく欲しい二足は別々に買ってもえ〜ねんけど、何が問題かっていうと最初に言うた通り、革ブーツは数年履いてやっと格好良くなる!って所が味噌なのよ。


例えば今回は一足にするとするやん?ほな買わんかったもう一足を「やっぱり欲しぃ〜」ってなって一年後に結局買ったら、ま〜たそっから履きつぶしスタートやん!?


二足共買えば一緒に履きつぶしをスタートできる訳よ!


でも二足目はどうしても欲しい訳じゃないしなぁ〜〜😣😣😣

色々悩ませてくれるぜ、赤の羽部隊はよ!😏😏😏
メリケン野郎め!🤩🤩🤩



う〜〜〜〜わっわっわ、バリくそ王道。
長い時間、苦楽を共にしてきたんやろ〜な〜😭😭😭







げぇ〜〜〜〜〜!🤮🤮🤮

えげつな!

この色もしかることながら、光沢、型、服への合わせやすさ、どれをとっても超レッドウインぐりんぐりんやんけ、もぉ〜〜〜アンタったら、いぶし銀だゆぅ❤



はい、アナタ!美しすぎて退場!!!
お出口はあちら〜〜〜〜!!!




なんや!このヌボぉ〜〜っとしたイヤ、ニュモ〜ンか!
いやいや、ニョリュンボ〜ンやなこれは。

シワとかもうボスレベルやん。

よ〜〜し、君の名前はバラモスゾンビだ!!!
長生きしてくれよ!







そうそう、手入れが一番大事やぁ!


手入れと言えばオレのオススメのオイルはよぉ〜〜〜、・・・・・。



フフフ、これ以上やるとレッドウイングの回しもんになってまうな!
ここからは各自で調べなされ。



「コレより先は人外の世界だ!人のまま入ってくるんじゃねぇ〜〜!!!」
(鷹村守  はじめの一歩・森川ジョージ著、より)


あ〜〜〜、気が紛れた!!!
よし、そろそろプラグラミング勉強に戻るか!


最後まで読んでくれてありがとな!サンキュ〜!

オラ〜〜、で〜満足だぞぉ〜〜!

じゃ、オラはそろそろ戻らねぇと。
界王様が待ちくたびれちまうからな!

んじゃ皆んな元気でな!
またな!bye!


終わり

まだまだ特別でも何でもね〜よ!!!

おっす、ケン坊です!

昔からそうだがオレは何故か人によく羨ましがられる。
そして変人扱いもされる・・・。

「ケンちゃんは凄い。」
「行動力がハンパない」
「なんでそんなに新しいことに挑戦できるん?」
「失敗が怖くないんですか?」
「自信に満ち溢れている」

こんな事を言われ続けて38歳になった。

今日の記事でこの問いに答えたいと思う

まず、オレは人の人生に極力口を出さないようにしてるし、興味もない。

誰がどんな”ものさし”を持っているか?

誰々がどんな事に長けていて、どんな事を不得手としているか?

生きているとそういった事が自然に見える時もあるがそれをいちいち気に留めるなんて事はない。

人は人でオレはオレ。オレはオレの生き方を模索するのに必死だ。

そもそも人の事を気にしている余裕もないし、人の思想も人の意見もその時々によって変わる事を知っている。

そんな”他人の動向”を指標として自分の道を決めた所で面白みもなければ自分が目指す成功に近づくとも思えないからだ。

人はよく人を褒める。
「イチローは凄い!彼だけは本当に特別。」

「ホリエモンとかってお金を稼げる案が自然と沸き上がってくるんだろうね。あんな人にはなりたくないけど」

「〇〇ってマジで格好良い(可愛い)。」

などなど、芸能人や著名人を褒めまくる人がいっぱいいるけど、オレはいつも不思議に思う。

「何故、自分がそうなろうとしないのか?」

オレは誰か格好良い人を見つけると
「オレもそうなりたい。どうやればそうなれるだろう?」
と考える。

そしてクソでも何でも浮かんだアイデアを速攻で試してみる。
最初、そんな不純とも言える動機で新しい事に手を出し、手を出した後にその物事の本当の魅力に気付き、のめり込んで行く。

すっかりのめり込んで、自分の技になり始める頃には最初の動機になった人物のことなど忘れているし、全然違う方向に走ってたりする。

その繰り返しだ。
三日坊主の事もあるし、何年も続けているのに人に評価されない物も沢山ある。

でも数ある「オレがやっている事」の中の幾つかだけが人に評価されていて羨ましがられている。

オレは只々自分の人生を謳歌したい。

生き生きしていたいし、ドキドキしたい。
新鮮さを感じたい。
少年のようでありたい。

新しい事への挑戦も知識を放り込む作業も全ては自分の人生を豊かにしたいからやっている事で楽しい事ばかりだ。

それらをやる上で意味のない言い訳はいらない。

大人は勝手に始めて、勝手に楽しみ、勝手に辞める事ができる。


また、「自分は何の為に生きているのか?」に対してだが、
「人が生まれてから死ぬまで生きる。その事に意味なんて無い。」
只の生物なんだから。

恐竜のように滅びる時は滅びる。
ゴキブリのように生き延びるならば自分達の意思など関係なく生き残るだろう

只それだけの生き物なのに、
「道徳心」

この言葉に縛られすぎだ。
せっかく楽しんでも良い人生が目の前にあるのに手を出さない。
もっと欲を出すべきだし、自分のことを可愛がるべきとオレは思う。

他人との温度差に気を使い、必要以上に目立つ事を下世話な事とし、厳かに慎ましくクールに生きる。人を傷つけてまで自分の欲しいものに手を出す生き方はしない。

それも人の自由だ。

が、オレは手を出す!
その結果、誰かを悲しませる事になろうとも俄然、手を出す。

人を傷つけない事など出来ない。
傷つけないように気を使って生きていても知らず知らずに人を傷つけてしまう。


俺たちはそういう生き物なんだ。
全然、
全く、
俺たちは上等な生き物では無い。


他人をいっさい傷付けない事は出来ないから大事なのは傷付けてしまった事を忘れずに、傷付けてしまった人に何らかのお返しをする事をシッカリと実行することなんじゃないか、オレはそう考えている。

自分が思うお返しも相手が気にいるか、許してくれるかは分からない。
「とり敢えずお返しはしたから。」って自分に言い聞かせる事が出来る様に実行するだけでい〜んじゃね?
所詮そのくらいしか出来ない生き物だべ。

オレはそんな温度で生きている。

オレの事を羨ましがっている人たちに何か一つだけ言うとしたら、
「まずはオレもお前も人間なんてものは全員がしょうもなく、未熟な生き物だと認めようぜ!」と言う。

人間は自分が特別だと思いたい生き物。
それは仕方ない。

でも自由にやりたい事だけをやって生きていきたいならまずは、その考えを改めるべきだ。

オレも貴方も特別ではない。

特別でありたい気持ちは重々理解できるけど、残念ながらまだ全然特別じゃないんだ!

特別になりたいなら特別になる為の動き・生き方をしないといけない。

まずは、
「変わった事をすると恥をかくかもしれない。だから何もしない。」

このクソしょうもない状態を極力減らす事、当たり前と言われる退屈な生き方から脱却する事が一番大事だ。

そこから脱却するには「自分はしょうもない人間だ」と認める所がスタートであり、嬉しい事にそこが既にゴールでもある。

逆に言えばそれが出来たら何でもできる。

実際オレがそうだ。
どっちみちクソなオレが何処で何をしようとも誰も気になどしないし、オレみたいに何の才能もないクソ退屈人間が普通に生きたとて普通に死んで行くだけだ。

わかりきっている答え。
”1+1=2”くらい明快な答えだ。


ロクに才能もないのにスリリングな生き方をしたいなら普通とは違う場所に身を置く意識を持たないといけん!

いつ頃そんな事を思ったのかは忘れたけど(多分高校生の時)そう思ってからやりたい事は何でもやるようになった。

何でもなんどもやりたい事を始め、挫折も成功も自分の中で繰り返し、その結果が答えとして心に残る。

三日坊主も上等!(三日坊主も喜んで受け入れよう。)

いつの間にか目標を立てる時、自分の心に残った”答え達”としか会話しなくなる。

最初は見えなかった”自分の在り方・生き方・好きな物”が明確な形になってくる

その形を周りの意見によって変えないのがプライドになっていったし自分が人生を楽しく生き抜く為の”自分だけの人生謳歌説明書”になっていった。


プライドとは人の目を気にして語るものではなく、カスな自分を認めた上で全力でやりたい事に命がけで向かう時、使う言葉だと分かった。


オレはまだまだ”特別な何者か”にはなれていないが人生は充分に楽しめている。

綺麗なものはつまらない。
美しいものもつまらない。

誰かが試行錯誤を重ね、苦しみに苦しんで生み出した意味の分からないグッチャグチャな物がオレの心を踊らせる。

オレもどうせ作るならそんな見応えのある物、感じ応えが在るものを生み出したい。

だから毎日毎日、今日、このブログを書いてる瞬間もグッチャグチャなモノをガタガタに積み上げ、「汚いけどオレらしい人生」という作品・オブジェを作り続けている。

って訳で今日はオレを羨ましがる人に向けたオレなりのANSERを記事にした。

面白くなかったかもしれんが、貴方のそんな感想には全く興味ない!

終わり!

スナップ写真

こんちわ、ケン坊です!

ケン坊はかなり忙しいのです

ブログを書くのが好きで好きでたまらないのにブログを書くことを忘れてるほど忙しいのです。

なんでって?

写真を撮って撮って撮りまくって迷走しまくってるからだよ〜〜〜😭


皆は「スナップ写真」っての、知ってる?

スナップ写真っちゅーのは、撮影スタジオなどで設備を整え、モデルさんに来てもらって写真を撮る行為に対し、日常の中に何気なくある瞬間や緊張が取れた被写体、自然のままの風景を撮影する事を言います



自分はこのスナップ写真を撮るのが大好きでいつもチャリンコ移動で一眼レフカメラを持ち歩いてます

神戸のビル・カニンガム氏を目指してます



「スナップ写真の楽しみ方」
いつもカメラを持ち歩き、何気ないけど素敵な瞬間を探す事を意識しながら街を歩く楽しみです

アグとちょっと昼御飯だけ食べに行く時。

生活必需品だけを買いにちょっと遠出する時。

アグとちょっと夕飯のおかずを買い物に行く時。

ちょっと街の電気屋さんに行く時。

晩御飯の後にちょっと呑み屋さんに行く時。

このちょっと外に出る時に一眼レフカメラを首から下げていきます

っと言ってもレンズは一番小さな50mmの単焦点レンズ(ズームが出来ず足を使って画角を決めるレンズ)だけを一本だけ付けていきます

(わかります?このサイズ感)

世の流れはもっとコンパクトなミラーレス一眼レフやGoPro、もっと言えばスマホのカメラで充分!

となっています。

でも俺は一眼レフが大好き!

効率性を求められる現代だけど自分は持ち運ぶには重すぎるこのゴツイ一眼レフカメラを好んでます、ハイ。

このゴツイカメラは”カメラ”ではない。
極太一眼レフはカメラではなく、人の本性を切り抜く”武器だ!”という認識で持ち運びます

このゴツイカメラを持つと、
「さぁ〜、日常に隠されたスペシャルな瞬間を探して「スパッ!」っと切り取ってやるぜ!」
ってな気合いがみなぎってくるです!

一昨日もヤマダ電機にアイパッドのキーボードを買いに行った時に、

パシャ、パシャり


2枚目のオッチャンが乗ってるチャリンコ、ロードバイクってんだけどかっくい〜よね!
(「弱虫ペダル」に出てくる自転車!)
海外に出る前は俺もロードバイクにハマってて、毎日乗ってたん・・・・

最近、また流行ってんかな?
この日も4組のロードバイカーを見たよ

昔、小学生の俺が遊んだ公園でパシャり、パシャり



懐かちぃよ〜〜〜。


こんな感じで写真を撮って楽しんでるんだけど、最近はスマホの普及でみんながスナップ写真を撮れるようになっちゃったでしょ?

マナー悪い人とか盗撮する人が増えてしもて、このスナップ写真が凄く撮りにくい世の中になってしまったんだよな〜ヽ(;▽;)

勝手に写真を撮られるだけでも嫌な人が居るのもわかるし、最近じゃ更にSNSに載せられちゃうもんね〜
仕方ない事だよねぇ〜😔

「ちょっと、アンタ!先週の金曜日、会社の呑み会って言ってたけど、只の呑み会でなんで飛田新地(関西で有名な風俗街)に行ってるのよ!?🤬」
ってな事になっちゃうもんね😢

俺も日本でスナップ写真を撮る時は顔出しにならないようにパシャパシャやってます。

地元の”新長田”の焼き鳥屋さん

「焼き鳥まさ」
安くて美味しいよ〜
ビールは299円!ハイボールはなんと驚愕の199円!
やばっす〜〜〜!



いきなり焼き鳥屋さん豆知識〜。
焼き鳥は何時代からあるか知ってますか!?

正解は平安時代です。
焼き鳥は平安時代から存在してます

平安時代といえば、紫式部(作家・歌人・官僚)、源頼朝(鎌倉幕府の初代征夷大将軍)、そして!俺の大好きな平清盛入道様(武士として初めて太政大臣に任じられた人!)が大活躍の時代。

こんな凄い人たちが、ある時は”歌会”の後に焼き鳥ハムハム、”軍議”のあとで焼き鳥モグモグ、なんか有名な橋で弁慶と戦ったあとで焼き鳥をムギュムギュしてたと思うとなんかホッコリしますよね

清少納言
「あら、紫式部さんお久しぶりですわね。貴方が書いた新しい歌、読ませて頂きましたわよ。最近の貴方の歌は少しマンネリ化してるんじゃあ御座いません?もし行き詰まってるのでしたらワタクシが持ってる最新の歌集をお貸し致しましょうか?」

紫式部
「あら、清少納言さん、こんにちわ。お気遣いありがとうございます。でも良い物は良い物なのですよ。何度同じ作風になろうとも本当に良い物なら人は飽きませんし、分かる人に分かって頂けたらワタクシは満足ですの。それよりも世の流行に目を奪われて夜の行いまで軽くなるような尻軽女にワタクシはなりとう御座いませんゆえ。」

紫式部
「まぁ!まるでわたくしが何も解ってなくて夜の行いを頻繁に行う尻軽女とでも言うような言い方じゃあございませんの?失礼な、お・ん・な。」

従者
「あ〜〜〜、お二人共、おやめくださいませ。人が見ていますよ(オロオロ)。その角を曲がった所に新しく出来た”焼き鳥屋”が御座いますゆえ、そこで”せせり”でもつつきながらお話しされては?(オロオロ)」

焼き鳥屋の大将も、
「へい、いらっしゃい!」
とか言いながら心の中では、
「うわ、めんどくせ。またシキブーとナゴドンや😰。あの二人はどっちともプライド高くてヤリマンやから苦手なんだよなぁ〜。あの従者も調子良く中取り持ってるみたいにやってるケド、二人共と寝てやがるからなぁ〜。クソ〜、商売の邪魔だなぁ〜。オイラのモツでも食いやがれってんだぁ〜」

みたいになってたんかなぁ〜?とか想像すると面白いよねぇ〜



フィリピンでローカルの人たちとお酒呑んでる時とかも思ったけどやっぱりローカルの呑みが一番良いよねぇ〜。

昼間にフィリピンのドゥテルテ大統領の文句とかボクシングのパッキャオ選手の文句を言ったら国民全員にボコられるんちゃん?みたいな雰囲気するけど、夜のローカルレストランやったら調子乗ったフィリピン人もお二人の文句めっちゃ言うてるもんな 笑笑

どこの国も一緒やなぁ〜って思う。

夜の居酒屋にこそ本当の風土が出るよね

そんなベロベロの人達の向こう側に湯気が立ち上っていて、更にその奥で真剣に赤ちゃんに乳をあげてるお母さんがいる・・・

これこそ「そこに人が生きている!」だよね
そんな写真が撮りたいなぁ〜。

俺も10数年居酒屋のオーナーとしてやってきたけど、一年を通して寡黙なお母ちゃんのお客さんが居て、そのお母ちゃんの唯一の持ちネタがクリスマスに出ます


「お母さん、メリークリスマスです!」

お母ちゃん

「何がメリークリスマスや。震災からコッチ、私に言わしたらメリー・苦しみマス、や!」(ドヤ顔で微笑む)

終わり